« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月31日 (火)

『カラスの親指』★★★

「カラスの親指」という映画を観ました。
原作は有名らしいですが、詐欺を題材にしたミステリー映画。
予備知識が全くなかったので、面白く観ることができました。
阿部寛と村上ショージという詐欺師コンビは、キャスティングの時点で「もしかすると・・・」みたいな気がしていましたが、その通りでした。
小説だったらきっときれいに騙されていたと思います(^_^;)。
そんな村上ショージのヘタウマ(ヘタヘタ?)な演技はおいといて、転がり込んでくる家族のお姉さん役が石原さとみさんだった事にさっぱり気がつきませんでした。
エンディングのクレジットを見るまでわかりませんでした。
そっちの方がよっぽど騙された感が強いです(笑)。

| | コメント (0)

2015年3月30日 (月)

レコンギスタ

富野由悠季が監督するということで、新しいガンダムを見ていたのですが、先日が最終回でした。
う〜ん、結局、なにがなんだかよくわかりませんでした(^_^;)。
この感覚は放送開始直後からだったので、自分がこういうものにもう付いていけなくなったのかと心配していましたが、どうやらみなさん同じ印象だったようで、少し安心しました。
設定が複雑すぎ、モビルスーツが多すぎ、登場人物も多すぎ。
おかげで人物描写は薄くて浅いように感じました。
宇宙世紀の文化・文明が遺物になっている未来が舞台というのも無理があると思うし。
まあ、それほど真剣に見ていたわけでもないので「ま、いいか」という感じですけどね。

| | コメント (0)

2015年3月29日 (日)

サクラ

サクラが美しいです。
2〜3日前までは「本当に今週末に咲くの?」なんて思っていましたが、一気に咲き乱れているようですね。

Img_7835


それにしても、ライオンズ。
開幕3連戦を3連勝で終える。
ちょっと出来すぎで恐いです(^_^;)。

| | コメント (0)

2015年3月28日 (土)

クリブリ感想

クリブリのオリジナルビルドコンテスト、今年も力作がたくさん並んでいました。
例年にくらべると、低い年齢層(子供たち)の作品が多かったような気もしましたが、どうでしょうか。
年齢を正直に書いている人たちの中では、自分は最年長だったわけですが、隣りの作品の作者さんも同じ歳でびっくりしました。
「53歳」が並んでいるとは(^_^;)。
いくつか印象に残った作品の感想メモ。

■コウテイペンギンの親子
かわいいモデル。小首を曲げた親のシルエットと見上げる子という構図とポーズが素敵。
フーミンさん、連続入賞しそうな気がします。

■アイアンマン
人型のキャラクターものですが、ポージングがかっこよかった。
また、そのポーズにすることで限られた空間を目一杯に使い、大きなスケールでビルドされていることに感心しました。

■不死鳥
Mokoさん、初参加作。クリアパーツだけを使った大人のお財布作品(失礼(^_^;))。
普通に考えれば入賞して当然のように思うのですが、お台場VFはわかりませんね。

■ユニキャットのメカキャット
レゴムービーのキャラクターをアレンジした作品。
映画に出てきてもおかしくない(商品になってもおかしくない)ぐらいの完成度を感じました。

■コタツ猫
まずは「こたつから首だけ出して寝ている猫」というテーマが素敵。
こたつの上のミカンがもっとわかりやすくアクセントになっていれば、と思いました。

■猫目導師
毎回、ユニークな作品を投稿されるへべれけさんのモデル。
黒魔術的な怪しい雰囲気が素敵。ディスプレイ台のバックライトが効果的ですね。

■お月様に願い事
月を見上げる親子のうさぎ、シンプルでかわいい。
いいキャラクターが出来たら、背景は凝りすぎない方がよいと再認識しました。

やっぱり今回はキャラクターものが印象に残ったかなあ。
レギュレーションのスペースをフルに使った「3階建ての建築スペースに人やモノをたくさん詰め込んだモデル」は、もう個人的にはちょっとお腹いっぱいという感じです(^_^;)。
投票は2月末までだと思っていたら3月末まで延長されていたようなので、「ユニキャットのメカキャット」に投票しました。
よく見てみたら、昨年投票した「オリビアのラビットロボ」の作者さんでした。
この人の作風、かなり好きかも(^_^;)。

| | コメント (0)

2015年3月27日 (金)

クリブリへ

すっかり遅くなってしまったけど、お台場のクリブリにコンテスト作品を観に行ってきました。
ちゃんと飾られていました(当たり前か)。
感想はあらためて書こうと思いますが、毎度のことながら打ちのめされてしまいます(^_^;)。
軽く落ち込みますね。
そろそろシニア枠を作ってほしいです(笑)。

Img_7826_3


おみやげはガチャフィグを2つ。
ピザ屋の店員とランプの精。
どちらも顔がかわいくないですね。
やっぱり普通のニッコリちゃんが一番いいです。

Img_7833


すっかり暖かくなったので、ベンチに座ってソフトクリームと食べました。
写真はベンチの前のミスト発生装置付きオブジェ。

Img_7827


夜はプロ野球2015年シーズンが開幕。
ライオンズは岸くんの故障が痛いのですが、代役の牧田が頑張って「1-0」の零封勝ち。
よくやった。

| | コメント (0)

2015年3月26日 (木)

月と桜

敷地内の桜のつぼみが膨らんできました。
東京では「週末に開花」という予報も出された木曜の午後に撮った写真。
ちらほらと咲き始めた桜、その向こうにそびえているのが「メタセコイア」の樹です。
その樹上に小さな月。
実は「昼間に見える月」というのが天文学的にどういう状況にあるのか、自分はわかっていません(^_^;)。

Img_7828Img_7829

| | コメント (0)

2015年3月25日 (水)

『 Frequency 』★★★

「オーロラの彼方へ」という映画を観ました。
予備知識は全くなく、タイトルからして、ありがちなヒューマンドラマや恋愛ものを想像していたのですが、「プリズナー NO.6」や「パーソン・オブ・インタレスト」のジム・カヴィーゼルが出ていたのでいちおう録画チェック。
しか〜し、これが「タイムパラドックス+サスペンス」という異色のミステリー映画でびっくりでした。
オーロラの磁気の影響でなぜか「過去の自分の父親と無線通信できる」ことになった主人公の刑事が、ある連続殺人事件を解決するお話。
この設定自体が荒唐無稽ですし、「過去に干渉した影響で現在が変わる」というタイムパラドックスを扱うといろいろとツッコミどころが出てくるもので、この映画でも同様なのですが、今回の自分はそういう事を許せてしまえたのでした。
たぶん「家族」というか、「父と子の絆」を扱っているせいだと思いますが、うまく説明できません(^_^;)。
しかも、「野球」が重要なキーになっていて、映画の終盤においても「物語を動かす大きなきっかけ」になっているあたりが、もう「アメリカ人は好きだろ〜」という映画ですね。
ラストは「そういうのもありかよっ!」と思うぐらいのタイムパラドックスというかパラレルワールドな展開でやられてしまいました。
とても素敵なハッピーエンドです。

★は4つにしてもいいぐらいなのですが、たぶん野球とジム・カヴィーゼルに肩入れしているだろう自分を割り引いて3つにしました(^_^;)。

| | コメント (0)

2015年3月24日 (火)

ベランダー

昔から植物は好きでしたが、「花」にはあまり興味がありませんでした。
派手なものや色鮮やかなものよりも、観葉植物のようなストイックな世界の方が好みだったのです。
しかし、最近はすっかり「花もいいな」と思うようになってきて、こういうところにも「歳をとったのかな」と思わせるところがあります(老いの話題も増えてきました(^_^;))。
最近、身の回りでちょっとイライラすることが多くて、ただただこういう植物を眺めているだけで心が落ち着きます。

ビオラがずっと咲いています。
花期が長い花はいいですね。

Img_7881


食用に育てているルッコラもにぎやかです。
花びらの模様が繊細で面白い。

Img_7879


100均でゼフィランサス(タマスダレ)の桃色を見つけたので入手してプランターに植えました。
敷地内には「白」と「黄色」があるので、仲間入りさせたいのです。

Img_7792

| | コメント (0)

2015年3月23日 (月)

『 Olympus Has Fallen 』★★

「エンド・オブ・ホワイトハウス」を観ました。
北朝鮮の工作員がホワイトハウスを占拠するという荒唐無稽なお話。
過激なシーンが連続する襲撃シーンは迫力があって圧倒されましたが、「でも、実際はそんなに簡単にいかないでしょ」という感じですね。
作戦は「力押し」で、ちょっと単純な印象です。
ダイ・ハードのような「駆け引きの妙」があまり感じられませんでした。
まあ、北朝鮮がやってるわけだから、こういう方が「らしい」のかもしれませんけれど(^_^;)。
「24」なんかの方が好きだな。

| | コメント (0)

2015年3月22日 (日)

不合理

将棋や囲碁はあまり興味がないのですが、名人とコンピューターが対戦するのはちょっと気になります。
電王戦という将棋の対局で、人間が打った手「角成らず」をPCは認識できずに負けてしまったというニュースが面白かったですね。
角が相手の領域に入って「金」に成れば圧倒的に有利になりますが、あえて「角成らず」のままにする。
PCには理解不能の不合理な選択。
ちょっとしたSF映画ですね。
2001年のHALの暴走も、ディテールは忘れましたが、矛盾する2つの命令に悩んだのではなかったかな。

これからの成長産業の1つが「人工知能(AI)」という話も聞きますが、これからどうなるんでしょうね。
自分は生きてるかな?(^_^;)

| | コメント (2)

2015年3月21日 (土)

もうすぐ開幕

プロ野球の開幕が近づき、いつものライオンズ関係のパーティーがありました。
今回の会場は、田辺監督のあだ名にちなんで「おやじ」の街、新橋。
某レンタルスペースを借り、プライベートでアットホームな雰囲気な飲み会でした(ニコニコ)。
なんか、こういうのがいいですね。
おかげでちょっと呑み過ぎたかもしれません。
あまり記憶がありません(^_^;)。

Img_7738

| | コメント (0)

2015年3月20日 (金)

カラス

団地内では大きなカラスがよく出没します。
ゴミを狙っているような感じですが、じーっと睨まれたりすると怖いですね。
今日はクリーニングの針金ハンガーをくわえたカラスを見かけました。
たぶん、巣作り用です。
注意しないといけません。
巣を見つけたら、役所が駆除してくれるそうです。
申し訳ないけどね。

Img_7723

| | コメント (0)

2015年3月19日 (木)

『 Glory 』★★★

「グローリー」という映画を観ました。
アメリカの南北戦争時に実在した黒人部隊とそれを指揮する白人将校の物語。
あまり馴染みのない領域ですが、面白かったです。
人種問題って、アメリカが抱えている独特の問題ですね。
でも、そういう差別的な部分を強調するというよりも、黒人部隊の兵士たちが自分たちの誇りと名誉(Glory)のために戦っていく姿が描かれていて、好感が持てました。
デンゼル・ワシントンやモーガン・フリーマン、よいですね。

音楽もよかった。
よかったんですけど、印象に残るテーマ曲はバラエティ番組で聞き覚えがあります(^_^;)。
確か「芸能人格付けチェック」で正解を発表する時に流れていたような気がします。
まあ、芸能人の誇りと名誉をかけて戦っているわけですね(笑)。

| | コメント (0)

2015年3月18日 (水)

雑記

年度末ということもあって、いろいろと雑用多くて慌ただしい毎日。

ライオンズ、オープン戦をいろいろやってますが、まずまずなのでしょうか。
少なくとも昨年よりはエンジンかかっている感じなので(^_^;)、開幕を楽しみにしたいと思います。
ただ、森くんの調子が上がってくれないと寂しいです。

レッズはいちおう首位にいますが、「今年は強い」という印象は特になし。
大事なところでとりこぼす、そんな不安はぬぐえません orz。
ギラは昔に戻った?

恒例となったライオンズ関係の開幕前パーティー、いろいろ準備中ですが、う〜ん、マンネリ気味でいかんです。
なにかリフレッシュしたいんだけどな。

レゴはお下がりレゴの片付けをやったぐらいで、クリエイトする暇はなし。
ottavaレゴも休止中。
というか、お台場のコンテスト展示もまだ見ていません(>_<)。

ベランダでいろいろ発芽中。
左上:サンショウ(たぶん)
右上:チオノドクサ
左下:ホトトギス or ハナトラノオ
右下:ミョウガ(たぶん)
「たぶん」というのは、同じ鉢の中にいろいろな種を埋め込んでいるせいです(^_^;)。

Hatsuga_3

| | コメント (0)

2015年3月17日 (火)

『日輪の遺産』★★★

堺雅人さんが出ていた「日輪の遺産」を観ました。
太平洋戦争末期、マッカーサーの財宝を隠す極秘作戦に従事した将校たちと女学生の物語。
哀しい結末なのはわかっているのでちょっと苦手な部類の映画ですが、そういう役どころの堺雅人が大河ドラマ「新選組」の山南さんを思い出させるような気がして、つい。
現在と過去で物語が進むので、重苦しくなりすぎず、助かりました。
過酷な描写もほとんどなくてよかった。
最後に亡霊が出てくるのにはちょっと困りました。
そういうのはやっぱり苦手(^_^;)。

| | コメント (0)

2015年3月16日 (月)

雑木林

あちらこちらで春の気配を感じる今日このごろです。
下の写真は小さな雑木林。
中央に餌台、その奥にある巣箱がわかると思います。
写真ではわかりませんが、すでに枝先には小さな新芽がたくさんついていて、あっという間に緑に包まれるでしょう。

Img_7677


花壇では実生のモミジがあちらこちらでたくさん芽を出しています。
売るほどあります(笑)。

Img_7649

| | コメント (0)

2015年3月15日 (日)

もちつき大会

日曜日は年に1度行われる団地のもちつき大会でした。
朝の10時頃から威勢のいいかけ声や子供たちの嬌声が聞こえてきたのですが、自分はやらなきゃいけない作業があったので、お昼になってから昼食がわりにお餅をいただこうと会場に向かいました。
しか〜し、少し前から小雨が降ってきたせいで、予定変更の店じまいであります。
最後に残っていたお餅を1個だけもらい、あとは蒸しあがったもち米状態のものをパックでいただきました。
「緑のかるた」は子供たちを集めて楽しく遊んでくれたようです。
すべての絵札(写真)に読み札が作られていて、ひと通り読ませてもらったのですが、なかなかの力作でした(お疲れさまでした)。

今回はもちつきもかるたも1枚も写真を撮る暇がなくて残念。
スケジュールなどがとてもアバウトなのです。
団地のイベントなんてこんなもん?

| | コメント (0)

2015年3月14日 (土)

ショックな出来事

しばらく連絡をとっていなかった知人から電話がかかってきて、「ニュース、見た?」と尋ねられました。
なんの事だかわからないでいると、共通の知人がある事件の容疑者として逮捕されたことを知りました。
そういう事とは対極の世界にいる人だと思っていたので信じられませんでした。
ニュースなどでよく耳にする「まさかあの人が」「そんな事をする人には見えなかった」みたいな言葉、ああ、こういう感じなのかと納得しました。
詳しいことはまだわからないので軽率な発言は慎みたいと思いますが、ショックです。
こういう事って、あるんですね。

| | コメント (0)

2015年3月13日 (金)

早春

ベランダの小さなプランターが少しずつにぎやかになってきました。
黄色や紫のビオラ、かわいいです。
白い花は雑草ぽいのですが、それもまたよし。

Img_7615Img_7620Img_7617


クロッカスがいい感じなのでタイムラプス撮影をしてみました。
朝の8時から夕方4時までの8時間を30秒に。
よく動いてます。

Img_7660

| | コメント (0)

2015年3月12日 (木)

『 動乱 』★★★

高倉健さんと吉永小百合さんの「動乱」を観ました。
このお二人だと、どうしても「さんづけ」になります(^_^;)。
5.15事件〜2.26事件あたりを豪華キャストで描いた大作、面白かったです。
226などは何度も扱われる題材だと思いますが、つい観てしまいます。
個人的に「単なるお家騒動(すいません(^_^;))」を描いた忠臣蔵などよりも、国の行く末を憂いていた青年将校たちの言動の方に興味があるのです(もちろん、彼らを支持するわけではありません)。
こういう時の健さんは良いですね。
新幹線を爆破しようとする健さんはちょっとピンときません(^_^;)。
あとは憲兵役の米倉斉加年さんがよかった。
「自分が憲兵ではなく、一兵卒だったら」と葛藤します。
桜田淳子さんの姿もひさしぶりに観ました(^_^;)。

★は4つにしてもいんだけど、なんだか全体が重くて、暗くて(^_^;)。
いかにも「邦画の大作」という感じですね。

| | コメント (0)

2015年3月11日 (水)

震災から4年

東北の大震災から4年が経ちました。
あの瞬間のことはよく覚えています。
異常なぐらいにぐらんぐらん揺れ、物が落ち、自分は倒れそうになっている本棚を手で押さえていました。
そして外階段に避難しましたが、船酔いのような感覚になりました。
直後にTVの速報で映し出された惨状の数々。
その後はスーパーから食料品がなくなったり、節電したり、計画停電なんていうものもあったり。

自分はまた「喉元すぎて熱さ忘れた状態」になっているような気がします。
時々こうやってちゃんと思い出さないといけません。
緊急時の備えもほとんどしてないな。
ちゃんとやらなきゃな。

| | コメント (0)

2015年3月10日 (火)

緑のかるたチラシ

敷地内の植物や虫たちの写真で作った「緑のかるた」、そのかるた大会のチラシサンプルを作っていました。
大きな画像はちょっと自粛しますが、こうしてみるとなかなか壮観です。
特別に緑が豊かなわけではなく、普通の団地なんですけどね(^_^;)。
日頃目にしている当たり前の風景を丁寧に記録しただけ、ということだと思います。

Karuta_sample

| | コメント (0)

2015年3月 9日 (月)

『 The Next Three Days 』★★★

「スリー・デイズ」というサスペンス映画を観ました。
無実なのに殺人罪で刑務所に入った妻を助けるために、夫が脱獄計画を実行するというお話。
好きなラッセル・クロウが主演ということで観たわけですが、なかなか大胆なお話です。
普通のミステリー映画であれば、夫は「真犯人を探す」という事に全力を注ぐわけですが、状況が不利なのを知って「妻を脱走させる」と考えるのだから驚きです。
「斬新だなあ」と思って見守っていましたが、この夫というのが大学の教授だったりするので頭を抱えます。
無茶なことするやんちゃな夫ならわかるんですけどね、大学教授(たしか文学部)がいきなり脱走計画しますかね(^_^;)。
したがって、物語は「脱走に成功するか、否か」を中心に進みます。
自分は「おいおい、真犯人はどうなのよ」と、そっちの方が心配でハラハラドキドキしてしまう始末です(苦笑)。
ちょっとネタバレっぽいですが、結論として真犯人に関する記述はなし。
「このままじゃ、すっきりしないなあ」と思っていましたが、ラストで「妻は犯人ではない」という証拠を映像として映してくれるのですね。
でも、捜査している刑事たちはその証拠に気づいていないので、物語としては未解決のまま。
こうなると観客は主人公たちに余計に感情移入することになります。
なるほど〜、こういう納め方もあるのか、とちょっと唸ってしまいました。

| | コメント (0)

2015年3月 8日 (日)

歌声

日曜日、いつものコンサートを聴くために隣町へ。
今回は混成室内合唱団「ハルモニア・アンサンブル」というグループ(12名+指揮者1名)でした。
音楽大学に在籍する学生さん達によって編成されたグループですが、すでに世界を舞台にして活躍しているのだとか。
パッと見ると、本当にそこらの大学生のようなのですが(すいません(^_^;))、歌声が発せられると会場が別次元の空間になりました。
自分が合唱と聴いてイメージする「♪春の〜、うららの〜、墨田川〜」みたいなものとは違っていました。
もっと荘厳な感じと言うと大げさなのですが、自分にはそう感じられたわけです。
今回は日本の歌ばかりでしたが、ルネサンス時代の楽曲などを聴いてみたいと切に思いました。
舞台の写真、今回は指揮者の譜面台のみ。
「声」という楽器は移動が楽ですね。

Img_7607Img_7613


春の気分になったので、ランチはすき家で「牛丼大盛り」を食べました。
特盛りもいけそうな勢いでした(^_^;)。

| | コメント (0)

2015年3月 7日 (土)

『 Just Cause 』★★★

ショーン・コネリー主演のミステリー、「理由」という映画を観ました。
無実の罪を訴える黒人青年を助けようとする弁護士のお話。
おおむね予想通りの展開で、ラストのどんでん返しも予想通り。
面白かったし、よくまとまっている映画だと思いましたが、「これぐらいではもう驚かない」という感じでしょうか(生意気ですいません(^_^;))。
だんだん、新鮮な驚きに出会うのが難しくなってきますね。
こういうのも歳をとることの弊害の1つだと思います。

| | コメント (0)

2015年3月 6日 (金)

アカデミー賞

夜、たまたまザッピングしていたら、NHK-BSでアカデミー賞の中継を再放送していました。
いつもならどうでもいいのですが(^_^;)、それがたまたま「レゴ・ムービー」のアトラクションの場面だったので、思わず見入ってしまいました。
ネット上の静止画では見ていましたが、動画になるとまた全然情報量が違いまね。
そして、レゴで作ったオスカー像。
「おお、なるほど、これが〜」みたいな感じで拝見しました。
正直なところ「レゴ・ムービー」にそれほど興味はないので(^_^;)、まだ未見なのですが、ちょっと気になってきました。

| | コメント (0)

2015年3月 5日 (木)

お城完成

お下がりレゴ、お城も完成させました。
パーツが足りなくて色違いの部分も多いですが、ひと通り追体験できればOKです。
「色ちがいじゃが、仕方がない」
そんな獄門島的気分です。

Img_7678


各ユニットの下にはいろいろ遊べるスペースがあります。
中央の王座の下には、武器職人の鍛冶場と拷問部屋があります。
怖〜っ(>_<)。

Img_7679Img_7680

| | コメント (0)

2015年3月 4日 (水)

帆船完成

お下がりレゴの中の帆船を完成させました。
ずいぶん前に同じセットを手持ちパーツで自力製作していて、途中で放置状態だったのですが、まさかこれを入手することになるとは、です。

Img_7564


というわけで、重しを載せていた「帆」を装着して、無事に完成。
ミニフィグはかなり不足していたのですが、ジャック・スパローは健在でした。
色味も落ち着いていて、これぐらいならインテリアのディスプレイとして「あり」だと思います。

Img_7601Img_7603Img_7602_2

| | コメント (0)

2015年3月 3日 (火)

『 The Sheltering Sky 』★★★

ベルトルッチの「シェルタリング・スカイ」を観ました。
ラストエンペラーの次に作られた作品で、坂本龍一が音楽を担当して、話題になっていたと思います。
一組の夫婦が北アフリカをさすらって、いろいろある話。
そんな感じだな(^_^;)。
それなりに面白かったんですが、「お金持ちの考えることはよくわからん」という感じで、感情移入することなく、淡々と観てしまいました。
乾ききった風景が多くて喉が乾きました。
音楽はよかったな。

| | コメント (0)

2015年3月 2日 (月)

i読書

衰えの話をするのは嫌なのですが、最近は小さな文字を読むのがたいへんになってきました。
商品のパッケージ裏にびっしりと小さな文字で書かれたようなものは、「おまえら、読ませる気、ないだろっ」とか思ってしまいます(^_^;)。
文庫本なども古い版なんかだと字が小さくて大変です。
で、ふとモバイル端末で読んでみる気になりました。
今までは「やっぱり読むなら文庫本でしょ」とか思っていましたが、歳には勝てません。
i読書なるアプリをダウンロードし、青空文庫で著作権切れの無料データを探しました。
書体を選べるし、文字を大きくできるし、行間なども調整できるし、文字色・背景色も設定できるし、単純に「読む」という行為にはきっちりと対応してくれて、嬉しいです。
暗くても照明がいらないので、布団をかぶって読めるのもなにげに嬉しい(^_^;)。
あとは、ページをめくる、読み進んだ量が一目でわかる、ページの匂い、本棚に並んだ背表紙を愛でる、みたいな「本ならでは世界」が味わえないのがちょっと寂しい感じでしょうか。
でも、こうなっていくのでしょうね。
とりあえず、コナン・ドイルと海野十三を読み倒していきます。

Img_7693

| | コメント (0)

2015年3月 1日 (日)

巣箱計画

敷地内の雑木林には有志の方による野鳥用の巣箱と餌台が設置されているのですが、自分でも巣箱を作ってみたくなりました。
それも「かまぼこ板」を利用した巣箱です。
何かに使えるのでは?と貯めこんでしまう、よくあるパターンです(苦笑)。
簡単な図面的なものも描き、25枚で作り上げます。
目標は「小鳥が来なくても、雑木林の演出アイテムとして可愛い巣箱」です(^_^;)。
少しずつ、楽しみながら、作りたいと思います。

Img_7614_3

| | コメント (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »