« 1ヶ月経過 | トップページ | 相対的 »

2015年5月21日 (木)

『 After.Life 』★★★

「アフターライフ」というサスペンス映画を観ました。
交通事故で死んだと思われた主人公が目覚めたのは霊安室のベッドの上。
なぜか意識があり、自分が死んだとは思えないのだけど、状況的にはやっぱり死んでいるらしい。
彼女は本当に死んでいるのか?それとも生きているのか?
あるいは、彼女の面倒を見る葬儀屋は、死者と会話できる霊能者なのか?単なる猟奇的な犯罪者なのか?
などと、謎が深まるお話。
こういうのは演出上のトリックも定番なので気をつけて観ていたのですが、なんか、結局よくわかりませんでした(^_^;)。
「観客に判断を委ねる」のはひとつ間違うと「無責任」だと思うし、「どちらともとれる」というのはひとつ間違うと「中途半端」だと思います。

ああ、暗い映画だったなあ。
初デートにサスペンス映画はありだと思いますが、これは絶対に向かない映画だと思いました(笑)。

|

« 1ヶ月経過 | トップページ | 相対的 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1ヶ月経過 | トップページ | 相対的 »