« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月30日 (火)

(6__6)

仕事先には番号が書かれたコンテナ箱が積まれているのですが、ふと目が合ってしまいました(笑)。

Img_0189

| | コメント (0)

2015年6月29日 (月)

そう遠くはない未来?

人工知能 プログラマーに怒る」というネット記事を読みました。
細かな状況や設定などはわかりませんが、こういう会話が行われていると、ちょっとドキドキしますね(^_^;)。
HALのような悩めるコンピューターが現れるのもそう遠くはない未来なのかも。

| | コメント (0)

2015年6月28日 (日)

月琴

日曜日はいつものサンデー・マチネ・コンサート。
今回は「月琴〜幻の明清楽」というタイトルで、幕末から明治初期に流行した音楽を演奏するちょっと珍しい企画でした。
ステージにはいろいろな楽器や資料も並べられて、いつもとは違った雰囲気。
演奏のみなさん、日頃はガムラン音楽をやっている一方で、こういう活動もなさっているとか。
楽曲そのものはあまりピンとこなかったのですが(^_^;)、とにかく1つ1つが珍しくて、面白くて、貴重な体験でした。
写真1:ステージには数え切れないほどの楽器(30種ぐらいはあったと思う)。
写真2:中央にあるのが月琴。顔に見えます(笑)。
写真3:暗号表のような楽譜。
写真4:終演後、一弦琴を弾いてみせてくれました。左手で弦を抑える位置で音階を変えるようです。

Img_8409Img_8410Img_8414Img_8421


余談:
月琴といえば、金田一耕助シリーズで何かあったよなあと思って検索したら「女王蜂」でした。
舞台となるのが月琴島。
楽器としての月琴も出てきて、確か、月琴の胴体の中に過去の秘密に関するもの(手紙?写真?)が隠されていたような記憶があります。
でも、そんな話ばかりだから気のせいかもしれません(^_^;)。

Img_8663

| | コメント (0)

2015年6月27日 (土)

ガンダムを創った男たち

健さんの本と一緒に頼んだ漫画本「ガンダムを創った男たち」も読了。
ファーストガンダムのTV放送開始から視聴率低迷の打ち切りを経て、映画化に至るまでのドキュメント(?)ストーリーでした。
かなり脚色が加えられているものの(^_^;)、当時の熱い雰囲気を感じ取れて面白かったです。
自分もあの時のあの1人だったんだなあ、と懐かしくなりました。
アニメーションや映画は、絵画や小説のように個人で自己完結するものではないと思うので、いくつかの才能が幸福なめぐり逢いをして生まれた作品というのは本当に貴重だなと思います。
ちょっとした奇跡ぐらいの感じです(^_^;)。

Img_8636

| | コメント (0)

2015年6月26日 (金)

「もうひとつのフィールド・オブ・ドリームス―伝説のエース小川健太郎物語」

小川健太郎というプロ野球選手の生涯を紹介した本を読みました。
ちょっと馴染みのない名前かもしれませんが、有名なのは王選手に対して「背面投げ」を試したのが有名かもしれません。
自分は某スポーツ関係のポッドキャストで氏の初めて活躍を聞いた時から気になっていました。
本はすでに廃版になっているようでなかなか入手できませんでしたが、ブ○クオフで入荷待ち設定してから2年ぐらいかかって手にすることができました。
さっそく2〜3時間でさくっと読了。
思っていたとおり、面白かったです。
破天荒なんだけど、いい人。
また1人、自分の中で「ケンさん」が増えました (^_^)。

Img_8589_2

| | コメント (0)

2015年6月25日 (木)

小さな生きもの

先週末に撮った写真2枚です。
テントウムシとカマキリ。
カマキリはまだ小さな子ども(?)で、体長は2cm程度。
こういう逃げない虫が好きです(^_^;)。

Img_8373Img_8379

| | コメント (0)

2015年6月24日 (水)

FF7リメイク

Final Fantasy VII がリメイクされるというニュースに驚きました。
「ウソっ」と声が出たぐらいです。
TVゲームもすっかりやらなくなりましたが、FF7がリメイクされるとなると、ちょっと考えてしまいます。
いや、新しいゲーム機を買うところから始めることになるので現実的ではないのですが、Youtubeやニコ動のプレー動画などでストーリーを追体験したいなあ。
あのディストピア的な世界観とそこで健気に生きる主人公たちの一生懸命な姿に感動しました。
その頃は「TVゲームで感動する」なんて夢にも考えていませんでしたね。
当時のFF7はまさにレゴのような3頭身のポリゴンキャラが動いていたので、リアルすぎるCGだとちょっと抵抗があるかもしれませんが、楽しみにしています。

| | コメント (0)

2015年6月23日 (火)

日除けワーク

メダカの日除け、週末に切りそろえた枝を編みこんで完成させました。
麻紐で1本ずつ縛っていき、ずれたりしないよう裏面に木工用ボンドを塗っていきました。
面倒な作業ですが、ちょうど飽きる頃に完成する分量です。
仕上がりはなかなかいい感じ。
持つと意外とずっしりしているのも存在感があってよろしいです。
暑い日は半分かけて日陰をつくってやりましょう(^_^)。

Img_8366Img_8369Img_8370

| | コメント (0)

2015年6月22日 (月)

ショートケーキの日

上にイチゴ(15)が乗っているから22日はショートケーキの日、というのを最初に聞いた時は「おお、うまいこと言うなあ」と感心していました。
最近は、この話題になるたびに「下に肉(29)を敷いているショートケーキ」を想像するようにしています。
食欲、落ちますよね(笑)。
そういう天邪鬼なタイプです(^_^;)。

| | コメント (0)

2015年6月21日 (日)

紳士服

親族の結婚式に出席しないといけない状態になりました。
できるだけこういう機会は避けてきたのですが、今回は諸事情でやむを得ない状況です。
たぶん、10年ぶりぐらいのような気がしますが、その時は式だけでしたから、披露宴に参列するとなると、おそらく20年ぶりぐらいのような気がします。
というわけで、ひさしぶりに礼服を新調することになりました(う〜ん、余計な出費だ)。
最寄りの紳士服量販店(という呼び方でよい?)に行って、リーズナブルな服を1式いただきました。
こういうお店を利用するのはさらに30年ぶりぐらいでしょうか(^_^;)。
礼服、これからの使い道はほとんど「あちら」の方になってくるような気もします。

気分をとりなおして、フレンズのモデルを作りました(ホントに子供だな(^_^;))。
小物類も含めて、個人的にはなかなかの良セットでした。
ピザが「輪切りのオレンジ」のように見えます。

Img_8433

| | コメント (0)

2015年6月20日 (土)

クリブリ回収

クリブリコンテストの作品回収が6月末までだった事に気づき、あわててお台場へ。
すでに展示ケースから片付けられており、実は入賞作の顔ぶれも知らないまま(^_^;)。
でも、いいのです。
一般投票と自分の価値観や好みに多少の差はありますから、自分にとっていろいろ面白い作品を拝見できればそれでよし。
今回も投票していただいた方には感謝です。
その報告はあらためて。
お土産はフレンズのピザ屋さんとミニフィグ2つ。
前者は赤いベスパが欲しかったから〜 (^_^)。
ミニフィグはクラブDJ(?)と木工作業員。
「大工」とは違うんですよね(^_^;)。

Img_8393 Img_8390Img_8392_2


そういえば、レッズが無敗で優勝したみたいです。
でも、年間王者を決める時に裏切られそうな予感がする〜。

| | コメント (0)

2015年6月19日 (金)

ヤメゴク

堤さんの新作シリーズ、題材が極道の世界なのと、別番組と時間帯が重なっていたためスルーしていましたが、それでも全10話中、「1,3,7,10」の4話を録画して観ることができました。
4話だけでしたが、おおむねストーリーやらは理解できて、それなりに楽しんで観ました。
個人的にはいろいろ無理があるように感じたりもしましたが、ファンタジーと思えばよいのだと言い聞かせたりしました(苦笑)。
最後の神社のシーンに登場する宮司さん、どこかで見たことのあるような顔だったのですが思い出せず。
エンディングのクレジットをみてゲスト出演の井上真樹夫氏だとわかりました。
井上さんといえば、自分の中ではハーロック。懐かしい。
ところで、いったい、何つながり?

| | コメント (0)

2015年6月18日 (木)

キーボード

仕事先でもパソコンを使っていますが、これがWindowsマシンでありまして、やはり日頃使い慣れているMacに比べると使いにくくて仕方ありません。
もちろん、世界はWinマシンを中心に動いているらしいので、仕方ありません。
いろいろと折り合いをつけながらやっているわけですが、一番困っているのがキーボートの配列です。
IllustratorやPhotoshopなどで頻繁に使うのがショートカットキーですが、この時に使うWinの「Alt」「Ctr」とMacの「option」「Commond」のキーが左右逆なんですね。
これがなかなか慣れません。
「朝から夕方まで」と「夜と週末」は指使いを逆転しなければいけません。
こういうの、自分だけじゃないと思いますが、う〜ん、大変です(^_^;)。

| | コメント (0)

2015年6月17日 (水)

かぼちゃ

先日発芽したかぼちゃをプランターに移植してやりました。
とりあえず4本ありますが、成長具合を見て2つに絞る予定。
プランターのサイズを考えると本当は1つで充分のようなのですが。
期待はせずに見守りたいと思います。

Img_8363

| | コメント (0)

2015年6月16日 (火)

つきまとわれる?

iTunesに音楽データを取り込むと、自動的にネット経由で検索してアートワークや曲データなどを組み込んでくれるわけですが、オリジナルの録音データを取り込んだ場合は当然ながらそういう事ができません。
その場合、自分のiTunesはなぜか「松本伊代」のアートワークを貼りこみます(^_^;)。
自分の苗字が「松本」だからと言えばそれまでですが、伊予の部分にはなんら関わりがありません。
過去に松本伊代さんの楽曲を参照したこともありません。
自分のアルバムにオリジナルの画像をはめ込んでおいても、新しいデータを取り込むと必ず松本伊代に差し替わってしまいます。
う〜ん、なんか、どこかで設定できるんでしょうけどねえ。
面倒くさいなあ(^_^;)。

Iyo

| | コメント (0)

2015年6月15日 (月)

日除けの準備

人間用ではなく、メダカ用の日除けです(^_^;)。
水草が効率よく光合成するために日当たりのよい場所に置くわけですが、これから夏ですから直射日光を緩和するために日除けを作ってあげることにしました。
ベランダのこの場所は洗濯物を干す場所でもあるため、間違って水槽の中に洗濯物を落としてしまわないための「フタ」の役目も兼ねています。
材料は敷地内の緑の作業で剪定した枝。
これをすだれ状につなげるだけです。
土日は材料を集め、それを25cmの長さに切りそろえました。
いい感じです (^_^)。

Img_8349Img_8350


そのベランダ、興味本位で埋めたカボチャの種が発芽しました。
さすがにでかいです。
収穫は期待していませんが、とりあえず育ててみます(^_^;)。

Img_8351


もう1つ、ビワの植木鉢から芽を出した「ムクロジ」です。
シオマネキが地中から腕をもたげているみたい。

Img_8355

| | コメント (0)

2015年6月14日 (日)

ホルン

日曜日の無料コンサート、今回は「ホルン」でした(ピアノ伴奏付き)。
単独で聴くことはほとんどないので、ちょっと興味ありですね。
いかにも「金管楽器を腹の底から吹きます」という感じの奏者さん(すいません(^_^;))が演奏を聴かせてくれました。
元々は「狩り」の時に先頭を走る偵察役が獲物を発見した時、後方のご主人様に知らせるために「後ろに音が出る」という構造の楽器だというのは知っていましたが、そのために演奏会などでは「後ろの壁の材質や反響具合がきになる」という話は確かになるほどです。
楽器の構造や原理なども紹介してもらいましたが、金物屋で売っている5mぐらいの水道ホースと漏斗を持参し、それにマウスピースをつけて音を出していたのが面白かったです。
予算1000円ぐらいの原始的なホルン。
音が出る仕組み、音階を出す仕組み、音を大きく響かせる仕組み、等々、ホルンに限らず楽器の起源とその発展にはいろんな知恵や工夫が関わっていて、いつも面白いなあと感心します。
自分でなにも演奏できないのが残念 orz。

Img_0186Img_8356

| | コメント (0)

2015年6月13日 (土)

赤ちゃんがいた

メダカ水槽、週末は週に一度の水換えをします。
水換え用の道具が整っていないので、まずはコップで水をすくって水差しに移すという原始的なスタイル。
もちろん古い水は植物にあげます。
水槽内を少しかき混ぜるようにして、ゴミをすくいながら移していたのですが、ふと、水差しの中でチョコチョコ動いているものに気づきました。
メダカの赤ちゃんがいて、びっくり。
この水槽の中で産卵したのか、水草に卵がついていたのかわかりませんが、ドキドキしてしまいました(苦笑)。
本当は別水槽にしてあげた方がよいらしいですが(大人に食べられてしまうらしい)、そこまでの環境はないし、どう世話していいかもわからないので、元の水槽に戻しました。
このまま成長してくれるといいのですけれど。

Img_8346Img_8345


メダカ飼育、こんな感じで最初の1週間が終わりました。
これからもいろいろと楽しめそうです。

| | コメント (0)

2015年6月12日 (金)

花が咲きました

朝、ベランダに出てみるとメダカ水槽の水面に小さな白い花が咲いていました。
水草の「カナダ藻」の花です。
花が咲くとは知っていましたが、始めて1週間程度のこのタイミングで咲くとは思っていなかったので予想外の出来事にびっくりです。
小さくて、白くて、なかなか可憐。
また楽しみが1つ増えました。
ただし、このカナダ藻、ばんばん増えるようです。
調べてみると「繁殖力の旺盛な外来種」なので、勝手に池や川に放してはいけないようですね。
浮草の代表「ホテイアオイ」も同様のようです。

Img_8325Img_8322

| | コメント (0)

2015年6月11日 (木)

『 Robin Hood 』★★★

リドリー・スコット+ラッセル・クロウの「ロビン・フッド」を観ました。
このコンビの「グラディエーター」はとても好きな映画なので楽しみにしていました。
もちろん面白かったのだけど、ちょっと物足りないような気も。
予備知識なしで観ましたが、ずっと馴染みのないストーリーが続いて戸惑っていたところ、ロビン・フッドがシャーウッドの森に追われて森の人になるところまでを描いた作品なのですね。
「グラディエーター」のような劇的クライマックスがあるわけではないので、自分にはなにか消化不良気味なのかもしれません。
第一部が終わっただけ、みたいな(^_^;)。

まあ、考えてみるとロビン・フッドのちゃんとしたストーリーさえも知らない自分であります。
老後の姿を描いた「ロビンとマリアン」も好きだったんですけどね。
ショーン・コネリーとヘップバーン、なんて贅沢な。

| | コメント (0)

2015年6月10日 (水)

つばめの巣、さらに

仕事先で「駅前につばめの巣ができてますねえ」と、こういう話の好きなそう人と話題にしていたのですが、どうもなにか微妙に話が食い違っていて、「きぬさや」の文字にふれた時に初めてお互いに別の巣のことを話している事に気がつきました(苦笑)。
自分が見ていたきぬさやの反対側にずらりとつばめの巣が並んでいるではありませんか(^_^;)。
びっくりでした。
写真には左側に3つ(フン防止板付き)、奥に1つ(板なし)あるのがわかると思います。
この他にきぬさや1つと駅の改札口内にも1つ。
全部で6箇所あるようでした(他にもあるかも)。
撤去されず、みんなに見守られて幸せですね。
この「フン防止板」、なにやら文字が書いてあったので帰宅してからデジカメ画像を拡大してみると、保護運動をしているNPO法人の名前が書かれていました。
無料で配布しているんですねえ。

Img_8303_2Img_8304Img_8302Img_8300

| | コメント (0)

2015年6月 9日 (火)

つばめの巣

小雨模様の朝、仕事先の駅を降りたらつばめが外からコンコースに飛び込んできたので行方を追ってみると、天井近くにつばめの巣がありました。
最初は妙な工作物が目に入ってきたわけですが(しかも「きぬさや」の文字)、よく見るとつばめの子たちが並んでいますね。
きぬさやの箱はフンの落下防止のようです。
自分の住んでいる地域ではほとんど見かけなくなったので、ひさしぶり。
軒先をとられた当事者の方々はたいへんだと思いますが、願わくば寛大な心で許してあげてほしいと思います。

Img_8287Img_8288

| | コメント (0)

2015年6月 8日 (月)

『 Wrath of the Titans 』★★

「タイタンの逆襲」という映画を観ました。
ギリシャ神話を題材にした冒険活劇で、どうやら続編のようでした(^_^;)。
なんとなく惹かれてしまったのは、ハリーハウゼンのストップモーションアニメを思い出したから。
子供の頃は夏休みになると必ず放送されていたような印象があります(アルゴ探検隊やシンドバット)。
調べてみるとハリーハウゼンが最後に関わった『タイタンの戦い』のリメイクの続編なのですね。
中身の方はもうCG全開の作品で、特に新鮮味もなく、だらだらとなんとなく観てしまいました。
ストーリーも忘れてしまいました。

| | コメント (2)

2015年6月 7日 (日)

雑記

一日中、時間があればメダカ水槽を眺めていました(子供かっ(^_^;))。

なんか、レッズがJリーグの不敗記録を作ったみたいですね。

ライオンズ、ベイスターズとの3連戦を2勝1分けで終える。
初戦の降雨コールド引き分けがもったいなかったなあ。

近所を散策中、チキンラーメンの試食会に出くわしたので、1杯いただきました(小さな紙コップですよ)。
「たまに食べると美味しい」というやつですね。
トラックのグラフィックがかわいくて、つい写真を撮ってしまいました。
こういうファストフードの車をレゴで作っても楽しそう。
もうあるのかな?
最近は新製品もノーチェックです。

Img_8281


チキンラーメンの後に、まっとうなカレー屋さんでまっとうなカレーを食べました。
とても美味しかったけど、値段相応の味と言うと失礼かな。
100円台のレトルトカレー、500円ぐらいのファストフードカレー、1000円台のちゃんとしたカレー。
これらが描く「味と値段の正比例グラフ」に乗っかっている味、ということです。
わかりにくい例えですね (^_^;)。

Img_8282

| | コメント (0)

2015年6月 6日 (土)

メダカはじめました

↑冷やし中華調で。
メダカ水槽が届いて1週間、置き水期間を終えて受け入れ体制が整ったということで、うちにメダカがやって来ました (^_^)。
クロメダカ3匹とヒメダカ1匹、そして水草2種(ホテイアオイとカナダ藻)。
とりあえず水槽に入れて写真を撮ってみました。
クロメダカはどこにいるのかわかりませんね。
水面の反射もあるので、写真を撮るのはけっこう難しいこともわかりました。
エサをあげると、さっそくパクパク食べていました。
ようこそ、我が家へ。

Img_8270Img_8273

| | コメント (0)

2015年6月 5日 (金)

コスモス咲いた

5/26の記事で「種をまいたコスモスが発芽して育っている」と書きましたが、早くも花が咲いていてびっくりしました(写真がちょっとピンぼけ)。
さすが「早咲きコスモス」ですが、こうなると「季節感も情緒もないだろっ!」という感じで困ってしまいますね(^_^;)。

Img_8269

| | コメント (0)

2015年6月 4日 (木)

2トップ

新しい仕事先に通いだしてから、毎日お弁当を持参しています。
と言っても、おにぎりを2つ作って、夕食や朝食の残りのおかずを詰める程度。
写真を載せて自慢できるものではありません。
でも、楽しみなのは「どんなおにぎりにするか」です。
白いご飯に具を入れる事もありますが、市販の「おにぎりの素」を混ぜて作るのも好きです。
いろんな具材や味のものがあるので、4種類ぐらい常備しておき、その日の気分で2つチョイスします。
少しずついろいろな商品を試していますが、現在の最強2トップが写真の「焼きたらこ」と「混ぜ込みわかめごぼう」。
「焼きたらこ」は顆粒状のたらこの粒がお昼ごろにはちょうどいい具合にしっとりとしていて、風味や食感よし。
顆粒が大きめなのも好きです。
「混ぜ込みわかめごぼう」はやはりごぼうの風味ですね。
小さな破片なのに(^_^;) しっかりと存在感があるし、ちょっと甘目の味付けも好き。
自分でやろうと思えば手間のかかるごぼうを簡単に楽しめるというのが嬉しいです。
おにぎりの素レポートは続くかもしれません(笑)。

Img_8572

| | コメント (0)

2015年6月 3日 (水)

歳をとると

歳をとると、いろんな人生経験を積み重ね、人として成熟していくものだと思っていました。
「大人になる」のその先にある状態、「人として、より完成した姿」というのはちょっと大げさですが、でも歳をとるとそうなるものだと自分は思っていました。
しかし、最近はそういうのは幻想だな、と思えてきました(^_^;)。
いくつになっても困った人はいるものですね。
「おいおい、おまえ、いくつだよ?!」という人がけっこういます。
自分も含めてですが、そういう大人や老人を信用しないように!(笑)
本当に、最近は、若い人たちを応援したい。
ぐずぐずな大人や老人がみっともない。
自分はそうなりたくないです。
「歳をとると子供に戻っていく」という言葉もよく聞きます。
無邪気な童心にかえる感じ。
でも、これも、時には「わがままで頑固」なだけなんですよね。
ガキに戻っていく感じ(^_^;)。
駄々をこねたり、すねているようにしか見えない時があります。
それでも、ご長寿の老人たちはみんないい顔しているので、きっと性格悪いと長生きもできないんじゃないかと思ったりもします。

| | コメント (0)

2015年6月 2日 (火)

水不足

あまり梅雨の気配を感じません。
今日は敷地の一画にある大きなクスノキの枝がごっそり枯れているのに気づきました。
樹高は10m以上で基本的に大きな根を地中に広げているものなので、特に「水やり」するようなものでもないと思うのですが、やらないとダメなのかな。
たぶん足元がすぐにアスファルト舗装なのがよくないのでしょうが、はがすわけにもいかないし。
難しいですね。

Img_8261

| | コメント (0)

2015年6月 1日 (月)

ホームズ

通勤の電車に乗っている時間は15分程度の短い時間なのですが、その間にちょこちょこと読んでいた青空文庫のホームズを読み終えてしまいました。
と言っても、著作の中のほんの一部。
青空文庫のホームページではもっとたくさん提供されているのですが、自分の使っている端末のアプリ(i読書)に読み込めるのがその中の一部に限られているということで、残念です。
他のアプリなら読めるのかもしれないけど、乗り換えるの面倒だし。
無料なので文句は言えません。
あ、ちなみに「踊る人形」の場合、図版はありませんでした(苦笑)。
次は海野十三の作品をぽちぽちと読んでいこうと思います。

| | コメント (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »