« ガンダムを創った男たち | トップページ | そう遠くはない未来? »

2015年6月28日 (日)

月琴

日曜日はいつものサンデー・マチネ・コンサート。
今回は「月琴〜幻の明清楽」というタイトルで、幕末から明治初期に流行した音楽を演奏するちょっと珍しい企画でした。
ステージにはいろいろな楽器や資料も並べられて、いつもとは違った雰囲気。
演奏のみなさん、日頃はガムラン音楽をやっている一方で、こういう活動もなさっているとか。
楽曲そのものはあまりピンとこなかったのですが(^_^;)、とにかく1つ1つが珍しくて、面白くて、貴重な体験でした。
写真1:ステージには数え切れないほどの楽器(30種ぐらいはあったと思う)。
写真2:中央にあるのが月琴。顔に見えます(笑)。
写真3:暗号表のような楽譜。
写真4:終演後、一弦琴を弾いてみせてくれました。左手で弦を抑える位置で音階を変えるようです。

Img_8409Img_8410Img_8414Img_8421


余談:
月琴といえば、金田一耕助シリーズで何かあったよなあと思って検索したら「女王蜂」でした。
舞台となるのが月琴島。
楽器としての月琴も出てきて、確か、月琴の胴体の中に過去の秘密に関するもの(手紙?写真?)が隠されていたような記憶があります。
でも、そんな話ばかりだから気のせいかもしれません(^_^;)。

Img_8663

|

« ガンダムを創った男たち | トップページ | そう遠くはない未来? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガンダムを創った男たち | トップページ | そう遠くはない未来? »