« 赤ちゃんがいた | トップページ | 日除けの準備 »

2015年6月14日 (日)

ホルン

日曜日の無料コンサート、今回は「ホルン」でした(ピアノ伴奏付き)。
単独で聴くことはほとんどないので、ちょっと興味ありですね。
いかにも「金管楽器を腹の底から吹きます」という感じの奏者さん(すいません(^_^;))が演奏を聴かせてくれました。
元々は「狩り」の時に先頭を走る偵察役が獲物を発見した時、後方のご主人様に知らせるために「後ろに音が出る」という構造の楽器だというのは知っていましたが、そのために演奏会などでは「後ろの壁の材質や反響具合がきになる」という話は確かになるほどです。
楽器の構造や原理なども紹介してもらいましたが、金物屋で売っている5mぐらいの水道ホースと漏斗を持参し、それにマウスピースをつけて音を出していたのが面白かったです。
予算1000円ぐらいの原始的なホルン。
音が出る仕組み、音階を出す仕組み、音を大きく響かせる仕組み、等々、ホルンに限らず楽器の起源とその発展にはいろんな知恵や工夫が関わっていて、いつも面白いなあと感心します。
自分でなにも演奏できないのが残念 orz。

Img_0186Img_8356

|

« 赤ちゃんがいた | トップページ | 日除けの準備 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤ちゃんがいた | トップページ | 日除けの準備 »