« つばめの巣、さらに | トップページ | 花が咲きました »

2015年6月11日 (木)

『 Robin Hood 』★★★

リドリー・スコット+ラッセル・クロウの「ロビン・フッド」を観ました。
このコンビの「グラディエーター」はとても好きな映画なので楽しみにしていました。
もちろん面白かったのだけど、ちょっと物足りないような気も。
予備知識なしで観ましたが、ずっと馴染みのないストーリーが続いて戸惑っていたところ、ロビン・フッドがシャーウッドの森に追われて森の人になるところまでを描いた作品なのですね。
「グラディエーター」のような劇的クライマックスがあるわけではないので、自分にはなにか消化不良気味なのかもしれません。
第一部が終わっただけ、みたいな(^_^;)。

まあ、考えてみるとロビン・フッドのちゃんとしたストーリーさえも知らない自分であります。
老後の姿を描いた「ロビンとマリアン」も好きだったんですけどね。
ショーン・コネリーとヘップバーン、なんて贅沢な。

|

« つばめの巣、さらに | トップページ | 花が咲きました »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« つばめの巣、さらに | トップページ | 花が咲きました »