« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月31日 (金)

枝分かれ

通っている仕事先は住宅地と呼んでいい場所です。
歩くルートはいくつかあって、畑や花壇が並んでいるルートを選んでいます。
今は「ひまわり」が元気なのですが、「1本の幹からたくさんの花が咲いているひまわり」を見かけました。
自分はこういうひまわりを初めて見ました。
すっくと背を伸ばして太陽を追いかける姿とは違い、なんだかみんなでワイワイガヤガヤやっている感じです(うまく表現できません)。
「つぼみが膨らんでくる頃に摘芯してやるとこんな風になるのかな」と思っていたら、どうやらこういう「品種」があるらしいですね。
自分は最近のひまわり事情に疎いのですが(^_^;)、常識だったでしょうか。
まあ、とにかく、1つ大きな花がどーんと咲いて終わりではなく、こういう風に次から次へと花が咲いていくと、長い花期を楽しめてよいなあ、と思いました。
1つぐらい摘んで部屋に飾ることも出来ますよね。
ちなみに、1つ咲きのひまわりを摘芯すると、脇からつぼみが膨らむことなく、「花が咲かない」という結果になるらしいので、試さない方がよいそうです(笑)。

Img_0190

| | コメント (0)

2015年7月30日 (木)

John Adams

最近気に入っている「ジョン・アダムス」というミニマル・ミュージックの作曲家。
カッコいい。

| | コメント (0)

2015年7月29日 (水)

まだまだ迷う

問題解決の選択肢の1つに「自分が我慢する」というのがあります。
健全ではありませんが、一番手っ取り早いです。
ゴタゴタで時間と労力を浪費するぐらいなら、もうそういうので済ませたくて、躊躇なく我慢します。
こういうのも歳をとったせいかもしれません(苦笑)。
これまでは「歳をとったら、いろんな事を許せるようになる」と思っていたのですが、もしかすると「歳をとったら、いろんな事を我慢できるようになる」のかもと思う今日この頃です。
短気な年寄りになるよりはいいな、と思います。
でも、やっぱりおおらかな人になりたいですね。

| | コメント (0)

2015年7月28日 (火)

勘違い

ベランダでいろいろな植物の種まきをしましたが、中には「これ、何だったっけ?」というのもあります。
下の写真、「花が咲いたらわかるかな?」なんて思いながら長い目でみていましたが、結局ただの雑草だったことが判明です(^_^;)。
もっとも,人間の勝手な都合で「雑草」と呼んでいるだけなのはわかっています。
すでに小さな白い花が咲いた後の状態ですが、よく観てみると、びっしりとたくさんの種をつけていて、なんかちょっとせつなくなりました(^_^;)。
これはこれでよいのであります。

Img_8586_3Img_8588

| | コメント (0)

2015年7月27日 (月)

元気

敷地内のサンショウに生息しているアゲハの幼虫が元気です。
しっかりとこっちを睨んでいるようです(笑)。

Img_8508


ベランダにもよく飛んできて卵を産みつけようとします。
コンデジでなんとか撮ります。

Img_8517_3

| | コメント (0)

2015年7月26日 (日)

フルート・クヮルテット

日曜日、いつものコンサートはフルート四重奏でした。
素敵な楽曲の数々だけではなく、うら若きドレス姿のお嬢さん達4人が演奏されるので、それはもうありがたいことです(^_^;)。

Img_8568Img_8569

| | コメント (0)

2015年7月25日 (土)

『 Océans 』★★★

海洋ドキュメンタリー映画「オーシャンズ」を観ました。
美しく、そして迫力のある映像の数々、とても興味深く観ました。
アマゾンのレビューなんかを読んでいると、シー・シェパードが製作に関係しているとかで(正確な事は知りません)、「日本叩き」的なニュアンスのことを書いている記事もありましたが、自分はあまりそういう印象はありませんでしたけどね。
それにしても、この映画に限りませんが、エンディングでメッセージ性の強い歌詞付きの曲が流れるのが自分は好きではありません(しかも、日本語)。
そっとしておいてくれ、そういうことは自分で考えさせてくれ、という気持ちになります。
感動の押し付けのようで、困ります。

| | コメント (0)

2015年7月24日 (金)

浮かぶ飛行島

先日の海野十三の作品の中でいくつか印象の残っているものがありますが、その1つが「浮かぶ飛行島」です。
最初にこのタイトルを見たとき、どんな印象を持つでしょうか?
自分は「天空の城ラピュタ」のような空に浮かぶ島を想像し、ワクワクしながら読み進めましたが、しかーし、島は飛んでいませんでした。
島は海の上に浮いていました。
ネタバレになりますが、「 浮かぶ飛行島」とは「飛行場を備えた動く島」なのであります。
つまり、まあ、超巨大な航空母艦ですね。
英米が極秘に開発した「浮かぶ飛行島」で東京湾に侵攻し、一気に東京を殲滅するという作戦を単身阻止する帝国海軍の大尉の冒険巨編なのであります。
物語が書かれたのも、物語の舞台も第二次大戦に突入するかという時代なので、英米が日本の敵、ドイツやイタリアが味方という設定。
いろいろと大活劇があって、最後は腹心の部下が爆弾を抱いて飛行島の中枢部に飛び込むわけですが、「そういう行為」がすごく当たり前の行為として描かれているあたりが、時代です。
日本国のために命を投げ出す部下を引き止めることなく、栄誉ある行為に赴く者として気持ちよく送り出すところが凄いです(^_^;)。

| | コメント (0)

2015年7月23日 (木)

かぼちゃ

ずいぶん前に「かぼちゃの種が発芽した」という記事を書いたと思うのですが、その後も着々と蔓が伸びて、今日は花が咲きました。
大きな黄色い花。
朝顔とはまたちょっと違う充実感でありますよ。
かぼちゃには「雌花」と「雄花」があって、両方が咲いて受粉しないと実がならないそうです。
写真の花は雄花。
雌花は咲いてくれるでしょうか。

Img_8544

| | コメント (0)

2015年7月22日 (水)

海野十三

携帯端末で読める青空文庫、コナン・ドイルの次は海野十三(うんのじゅうざ)の著作を読んでいます。
馴染みのない名前かもしれませんが、1920〜1940年代にかけて科学小説や探偵小説を書いていた作家さん。
もしかしたら、日本のSF小説の先駆者的存在と言ってもいいのかもしれません(あまりに黎明期すぎてよくわからない(^_^;))。
宇宙戦艦ヤマトの艦長「沖田十三」は、この人の名前からきているそうですね。
自分は「こういう人がいたらしい」ぐらいしか知りませんでしたが、いろいろ読んでみて驚くことばかりです。
早稲田大学の理工学部出身ということで、単なる架空の絵空事ではなく、科学的根拠を背景にしながら上手にウソをつくという感じ。
これまで読んだのは子供向けの空想科学小説が多いのですが、中には江戸川乱歩を思わせるような妖しい大人の短編も混ざっていたりして、「何が出てくるかお楽しみ」的に面白いのです。
これまで読んだ作品のタイトルはこんな感じ。
「あの世から便りする話」「ある宇宙塵の秘密」「暗号数字」「暗号の役割」「暗号音盤事件」「生きている腸」「浮かぶ飛行島」「宇宙女囚第一号」「宇宙戦隊」「宇宙尖兵」「宇宙の迷子」「海野十三氏の辯」「海野十三敗戦日記」「英本土上陸作戦の前夜」「恐ろしき通夜」「骸骨館」「階段」「怪星ガン」
五十音順にダウンロードして読んでいるので、まだ「か」です。
まだまだ、当分楽しめそうです(^_^)。

| | コメント (0)

2015年7月21日 (火)

『 Henry's Crime 』★★★

「フェイク・クライム」という映画を観ました。
銀行強盗という文字に惹かれたわけですが、あまりサスペンス映画っぽくなく、終わってみれば、ほとんどコメディタッチのラブロマンス映画と言っても過言ではありません。
DVDのパッケージ写真なんて、ほとんど詐欺です(^_^;)。
銀行の隣りにある演劇シアターからトンネルを掘るわけですが、そのために上演準備されている「桜の園」の公演に役者として入り込み、役者としての才能を開花させる主人公(キアヌ・リーブス)が可笑しくて。
ラストは舞台の初日と銀行強盗が同時進行するという見せ場が用意されています。
正直なところ、途中で「な〜んだ、銀行強盗が題材のサスペンス映画じゃないんだ」と見限ってしまうところでしたが、最後の10分を観て、くすくす笑いながらほのぼのしました。
三谷さんが書く「奇跡的に会話が成立している」タイプのお話を思い出したりもしました。
原題をみてもとてもプライベートな感じがして、うまく表現できませんが、なんとなくその感じに共感できるのです。
でも、邦題やDVDのパッケージ写真をみると、そのニュアンスが生かされてないように自分は感じました。

| | コメント (4)

2015年7月20日 (月)

樹液をすする

祝日の月曜日は近所の川沿いの遊歩道を少し散歩。
途中でアゲハチョウが留まっている樹木を見かけました。
どうやら樹液をすすっているようなのですが、よく見てみると、たくさんのチョウやカナブンやアリなどが集まっているのでした。
たぶん、手をのばしたらそのまま摘めると思います。
それぐらい、樹液に夢中(笑)。
夜はクワガタやカブトムシもやって来るのではないでしょうか。
確認していませんが、「クヌギ」ではないかと思います。
こういう樹が敷地内にあると嬉しいのですけどね。

Img_8532Img_8534


散歩の途中、フードコートで不二家のソフトクリームを食べました。
あ、甘いものに群がっている。

Img_8531

| | コメント (0)

2015年7月19日 (日)

かやぶきコンサート

日曜日、いつもの無料コンサートとは別のかやぶきコンサートに行ってきました(こちらも無料(^_^;))。
某著名人を記念した公園で年に3〜4回定期的に行われているイベントです。
今回はちょっと変則的な弦楽四重奏(ウッドベース、クラシック・ギター、ヴァイオリン、フラット・マンドリン)でいろいろなオリジナル曲が披露されました。
かやぶき屋根の前に枝を広げているのはモミジ、風でそよそよと揺れます。
セミの声が聞こえてきたり、クロアゲハが飛び回ったり。
足元では蚊取り線香がたくさん焚かれていて、独特の香り。
暑かったのですが(^_^;)、充分に楽しんできました。

Img_8528_2Img_8527_2Img_8529

| | コメント (0)

2015年7月18日 (土)

山椒の実

昨年の夏、敷地内のサンショウの実で作った佃煮をいただいたのが美味しかったので、今年は自分でも作ってみることにしました。
まずは片手にこんもり載るぐらいで40gほどを収穫。
小さな枝の部分はあまり神経質にはならず、そのまま下茹でしました。
ちょっと色がくすみましたが、それでも鮮やかな新緑の色。
この時点で半分ほどは冷凍庫で保存。

Img_8509Img_8511


残りを佃煮風に煮たわけですが、このままだとけっこう刺激が強いので、調味料的に料理の味付けとして使うことにしました。
茄子の含め煮にはトッピングで。
しらす干しには一緒に煮つけてちりめんじゃこ風に。
うちの定番メニューになりそうです。

Img_8559Img_8617

| | コメント (0)

2015年7月17日 (金)

『 刑法39条 』★★★

「刑法39条」という映画を観ました。
心神喪失者が犯罪を犯した場合の責任能力を問う問題、ミステリーでは定番の題材であります。
ストーリーなどはスルーの方向で(^_^;)。
鈴木京香、堤真一、杉浦直樹、という主要キャストが渋い演技で好印象でした。
猟奇的な殺人事件が題材になっていますが、描写も控えめなので困ることもありませんでした。
でも、やっぱり「犯人側にも同情の余地がある」といった雰囲気のあるのが邦画っぽいかなあ。
なんとなくウエットな感じです(^_^;)。
このてのサイコサスペンスもので一番好きなのは「セヴン」です。
やはり「理解できない犯人」というのが一番恐いです。

| | コメント (0)

2015年7月16日 (木)

SWアニメ

GWにDlifeでやっていたSTAR WARSの特集番組。
その中でずっと録画したまま放置していたアニメ2本を見終えました。
これが意外と面白くて、もっと早く見ておけばよかったとプチ反省中です(^_^;)。
「フィニアスとファーブ/スター・ウォーズ大作戦」、元のアニメは全く知らないのですが、フィニアスとファーブという主人公がSWの世界の中で活躍(?)するお話。
エピソード4の物語の裏側でこんな事が同時進行していた、というスタイルが面白かったですね。
主人公たちのドタバタ劇の向こうで正統なストーリーが進んでいて、それがちらほらと見切れている構成がうまいなあと思いました。
そしてもう1つは「LEGO スター・ウォーズ:ニュー・ヨーダ・クロニクル」。
こちらはオリジナルストーリーで、時間軸や背景を把握しないまま見てしまいましたが(^_^;)、充分に楽しめました。
レゴの3頭身のキャラクターというのもありますが、原作のパロディとしても面白かったなあ。
自己ツッコミというか、自虐的な笑いがけっこうあって、小さな子どもではわからないかも。
とにかく地団駄を踏むダース・ヴェイダーが愛らしくて良いですね(^_^;)。
やはり、SWのパロディともなると「中途半端なものは作れない」という作り手のこだわりを感じたような気がしました。
気のせいかもしれませんけど。

| | コメント (0)

2015年7月15日 (水)

桜の森の満開の下

坂口安吾の短編「桜の森の満開の下」を読みました。
ずーっと前から気になっていた作品ですが、この歳にしてやっと初読です(^_^;)。
面白かった。
独特の響きをもった美しいタイトルだと思っていましたが、こんなに妖しい怪奇物語だとは・・・。
こりゃ映像化も難しいですね(^_^;)。
と、思っていたら、1975年に映画化されていた。
山賊:若山富三郎、女:岩下志麻、足の不自由な女:伊佐山ひろ子、他。
音楽は武満徹。
これだけで、なんだかもう恐いです(^_^;)。

少女マンガ家の清原なつのさんの作品にも「桜の森の満開の下」があって、読み返してみたけど、直接的にはリンクしていないみたいですね。

| | コメント (0)

2015年7月14日 (火)

記録ストップ

ライオンズ秋山、連続安打が31試合でストップしてしまいました。
4打席凡退のままリードした状態で試合が終わるかと思っていたら、9回に同点に追いつかれて延長戦。
もう一度チャンスが巡ってきたわけですが、四球で出塁して終了。
ファウルで四球を避ける方法もあったと思いますが、チームの勝利優先であっさりと四球を選ぶところが秋山らしいところです。
ホントに真面目。
200本打って、打率のタイトルをとらせてあげたいなあ。

| | コメント (0)

2015年7月13日 (月)

台風で

どうやら台風が来ているらしいのですが、新しくなった気象衛星ひまわりの解像度が上がったせいで衛星軌道上から見た画像がダイナミックできれいですね。
これでいろんな予報の精度も上がるのでしょうか。
で、関東地方は直撃はされなかったようですが、風が強くて、植木鉢が倒れて割れてしまいました。
こういう時には必ず値段の一番高いお気に入りの鉢が割れてしまいます(まったく(^_^;))。
捨ててしまうのがもったいないので、セメダインで復元することにしました。
比較的少ないパーツで大きく割れたために簡単に再現はできました。
少しずつ接着していったので、最終的にピッタリといかなかったのがご愛嬌ですが(^_^;)、なんとか使えそうです。
ひびを見ると、衝撃の加わり方が想像できて面白いですね。

Img_8505Img_8585

| | コメント (0)

2015年7月12日 (日)

ナガミヒナゲシの種

Img_8579

可愛い顔して異常な繁殖力をもつナガミヒナゲシという花があり、我が家のベランダにまで侵入してきていたのでさっそく除草しましたが、1本だけ残して種を観察してみることにしました。
オレンジ色の花が咲いた後、ちょうど1cmぐらいの「長い実」のような形状が残り、この中に種がぎっしりと詰まっています。
とても数える気にならないほどびっしり。
ここ数年、いろいろな種を見てきましたが、これは別格です。
銃の弾丸を解体して中の火薬をぶちまけたような感じ。
wikiによると「約1600粒」ぐらい入っているそうです。
で、1つの個体にこの実が複数個つくわけで、多い時には100個ぐらいつくこともあるとか。
つまり「多い個体では15万粒の種子を持っている」のだそうです。
不謹慎な例えかもしれませんが、自分にはナガミヒナゲシの株がクラスター爆弾のように思えて仕方ありません。
しかも他の植物の成長を阻害するアレロパシーを持っている。
そりゃもう、あっという間に空間を占拠してしまいますよね。
恐るべき成長戦略です。

Img_8581Img_8582

| | コメント (0)

2015年7月11日 (土)

『 State of Play 』★★★

「消されたヘッドライン」という映画を観ました。
場末で起こったドラッグ中毒の少年殺人事件と国会議員秘書の謎の事故死、この2つが結びついて大きな陰謀の存在が浮かび上がってくる、というよくあるパターンのお話。
ラッセル・クロウの主演だったので興味があったのですが、まあ、普通のサスペンス映画だったなあという印象です。
面白かったけど、びっくりするような展開はなく、「ああ、そういうどんでん返しなのね」という感じで観てしまうのでありました。
事件の口封じに殺し屋も出てきますが、それほど凄みがなくて、あまり危機感を感じなかったしな。
「うわ〜、やばいよ〜」と感情移入する気にはなれませんでした。

原題はどう訳すといいのでしょう。
邦題「消されたヘッドライン」、原作ドラマ時の邦題「陰謀の構図」、どちらもとって付けたような感じです。
ゲームの駆け引きのような雰囲気をイメージするのですが、全くわかりません(^_^;)。

| | コメント (0)

2015年7月10日 (金)

1安打完投負け

ライオンズの岸くん、ファイターズ戦に登板し、8回を完投して「被安打1、与四球2、失点1」で敗戦投手。
大谷翔平との投手戦で競り負けてしまいました。
8回、先頭打者に2塁打を打たれて、バントで3塁、スクイズで1失点。
1点をなんとかもぎ取る野球をするファイターズでした。
ライオンズは3安打。
そのうち2度は先頭打者の出塁でしたが、強攻策は実らず完封負け。
結果論ですが、う〜ん、どうなんでしょうね。
投手陣炎上の大量失点負けとはまた違います。
ホームランもよいのですが、「知恵と工夫で勝つ」、そんな野球をもっと見たいものです。

| | コメント (0)

2015年7月 9日 (木)

しぶとく継続?

録画していたドラマ「ホームランド:シーズン3」の最終回を観ました。
イランの指導者を暗殺したブロディのその後が描かれていたわけですが、「このドラマだったら、本当に死なせるんだろうな・・・」と思いながら見ていたら、やはりその通りの過酷な展開で、ちょっと重たくなってしまいました。
まあ、しょうがないんですけど。

で、主人公のブロディが死んでしまったので、ホームランドもこれで終了かと思っていたら、シーズン4・5と続いていることを知って、びっくり。
キャリーを中心にしてまだ続くのですね。
嬉しいけど、ちょっと微妙です(^_^;)。

| | コメント (0)

2015年7月 8日 (水)

しぶとく継続

連続安打を27試合まで伸ばしている秋山。
今日の試合は序盤から劣勢状態のまま、四球・右飛・左飛・四球とヒットなし。
なんとか9回にもう一度打席が回ってくるかな、と思っていたら、その9回の先頭打者で打席に立つとレフトにホームランを放って記録を継続。
すごいなあ、と感心しました。
で、その後、後続の主軸が3人そろって三振って、ひどかないですか?

| | コメント (0)

2015年7月 7日 (火)

水換えポンプ

めだか水槽用の「水換えポンプ」が届きました。
「水換えは、100均の灯油ポンプが安くてお得」という話を聞いていたのですが、実物を見ると我が家の小さな水槽にはちょっと大きくて大げさな感じがするし、やはりあの形状と赤い持ち手を見るとストレートに灯油を連想してしまい、爽やかな感じがしませんでした(^_^;)。
そこでネットで調べてみたら、こういうグッズを見つけることができたのです。
原理は灯油ポンプと同じですが、流水量が調節でき、フィルターがついているので、間違って魚を吸い込んでしまうような事もありません。
ポンプの筒先を簡単に目的の場所へ向けられるよう、持ち手の形状も最適化されています。
きっと「水槽の水換え用にもっと便利なものを」と発想したのでしょうね。
使用感もばっちりです (^_^)。

Img_8449Img_8494

| | コメント (0)

2015年7月 6日 (月)

登録前

日本の近代化に寄与した産業遺産群が世界遺産に登録決定されたというニュースを知りました。
日曜日に訪れたグラバー邸もその1つ。
ユネスコの発表を見守る関係者達の会場が、昨日訪れたばかりの展示ホールだったのちょっとびっくりです。
昼間はガラガラでしたが、あそこにたくさん人が詰めかけたのか、と。
そういう意味では世界遺産決定前の「素のグラバー邸、最後の日」を見学したことになりますね。
そういえば、空港でも産業遺産関係のPRやお土産がたくさん並んでいました。
軍艦島は「石炭おかき」みたいなものをたくさん見かけました。
精巧なプラモデルがあったら作ってみたいかも。

| | コメント (0)

2015年7月 5日 (日)

観光

日曜日、帰りの飛行機が3時頃だったので、それまでは長崎市内を観光。
地元に住んでいる身内に車で案内してもらいました。
グラバー邸や平和記念公園や眼鏡橋を駆け足で(いや、走ってないけど)。
ただ、自分はちょっと体調不良気味で、落ち着いて写真を撮ることなどできず、昼食もせっかくの「皿うどん」がのどを通りませんでした。
原因はどうやら「タバコ」のようです。
まず、用意してもらたホテルが「喫煙可」の部屋で、もちろんクリーニングはされていますが、部屋の壁などに染み込んだタバコの匂いなど感じました。
そして市内観光した車も喫煙者の愛用車。
消臭剤などは使っているようですが、やはりじわ〜っと感じてくるのでした。
数年前の喫煙していた自分を考えると身勝手なものですが、今はそういう体になったように思います。
昔の友人や同僚たちにはずいぶん迷惑をかけていたのだなあ、と今は痛切に後悔しています。
そんな我が身を振り返る週末でした。

| | コメント (0)

2015年7月 4日 (土)

今どきの?

結婚式の当日、式は教会で行われました。
いつもなら「なんでわざわざ教会で?」なんて思うところですが、長崎という場所を考えると「キリシタンの遠い子孫なのだろうか」などと妄想してしまいます。
これはこれで不謹慎かもしれませんが。

披露宴の方は式場の大きな宴会場で。
ひさしぶりにご馳走を食べました(苦笑)。
以前なら披露宴の余興なんて、新婦の友人がテントウムシのサンバを歌うぐらいのものしか知りませが(古っ!)、セーラー服を着たグループ(10人ぐらい)がステージで歌って踊ってアイドルポーズを決めていたのにはちょっとびっくり。
時代が変わったなあ、とホントに歳をとった気分でした(^_^;)。

| | コメント (2)

2015年7月 3日 (金)

ひさしぶりに飛行機

身内の結婚式に出席するため、長崎へ。
結婚式は20年ぶりぐらいでしょうか、飛行機もたぶんそれぐらい。
ひさしぶりに羽田空港を利用したわけですが、いろいろと便利になっていて、プチ浦島な気分でした(^_^;)。
搭乗手続きなどが簡単になったので、以前のようなざわざわとした雰囲気はないですね。
それが一番驚きでした。
時間があったので展望デッキから飛行場の様子を見学。
いろいろな機能を持った特殊車輌を観るのが好きです。

Img_8438


飛行機の乗り心地はやはり落ち着かないですね。
これは20年経っても変わらない(^_^;)。
できれば乗らずにすませたいです。

Img_0187

| | コメント (0)

2015年7月 2日 (木)

感想感謝

クリブリコンテスト作品の感想を報告です。
今回は「5票」いただきました。
もしかすると、これまでで最小数かもしれません(「召喚」や「星のベーダーさま」の時もこれぐらいだったような(^_^;))。
とにかく、あれだけ素敵な作品が並んでいた中から5人も選んでいただいたのですから、とてもありがたい事です。
ありがとうございましたm(__)m。
5票だと、全文紹介するのも楽であります。

ぜんぶかっこいい:男 7歳
ストーリー性がある:男
機関車、HIROが良くできているのと、ロケットが飛び出していて楽しい:男 5歳
何をどうしたらこんなすごいものが作れるのか…頭の中が見てみたいデス:女性 34歳
緊迫感が伝わってきたから!ロケット(?)もすごい:女性 21歳

HIROはたぶん「HERO」でしょうね(^_^;)。
もちろん、親御さんの代筆だと思います。
ロケットと言うよりも「ミサイル」なのですが、これがロボットや戦闘機から発射されていたらもっとアピールしたかもしれません。
でも、クラシックな機関車が実は戦闘車輌だったという設定の方が自分は好きなのです(だから悪人たちも紳士風)。
この後、ロボットに変形すれば最高ですけどね(^_^;)。

Img_8393Img_7394

では次回もがんばります(^_^)/。

| | コメント (0)

2015年7月 1日 (水)

『 Source Code 』★★★

「ミッション: 8ミニッツ」という映画を観ました。
爆弾テロ事件の犯人を探すためにある装置を使って過去の現場に戻る、というよくあるような設定ですが(失礼)、戻れる時間が「爆破直前の8分だけ」というのが面白いところでした。
8分、短すぎ(^_^;)。
しかも犯行直前なので爆弾の仕込みは終わっているし。
だから何度も同じ8分を繰り返して、少しずつ捜査を進めていくしかないわけですが、主人公が置かれている立場にもある秘密があるようで・・・という話。
面白かったですね(^_^)。
ラストはもっとブラックな方が自分は好きかも。
「あれ」がもっとたくさん並んでいるとか。
原題と邦題がずいぶん違いますが、この邦題は語呂がよくてけっこう好きかも。

| | コメント (2)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »