« 日除け2号 | トップページ | 雑記 »

2015年8月22日 (土)

落語

今年も近所の町内会主催の落語会に行ってきました。
柳屋喬太郎師匠の落語、面白かった。
昨年に続いて「食べ物ネタ」だったのは、子どもたちにわかりやすいからなのではないかと推測。
面白可笑しく蕎麦をすする姿に大笑いさせてもらいました。
演目の後は恒例のサイン色紙争奪のジャンケン大会です。
120名ぐらいはいたんじゃないかと思いますが、見事に勝ち残って色紙をゲットしました(^_^;)。
これも「すイエんサー」の「ジャンケン大会に勝ち抜くコツ」のおかげだと思います。
もちろん、それを知っていれば誰でも勝てるわけではなく、たまたまではありますが、「勝つ確率は上がった」と思います。
ちなみに、用意された色紙は3枚でしたが、勝ち抜いたのは4人。
子供、女性、男性、自分。
4人でさらにじゃんけん大会を続けてもいいのですが、ここで師匠は「じゃあ、そちらのお子さんと女性でジャンケン。そして、そちらの男性2人でじゃんけんを」と進行するのですね。
で、子供と自分が勝ち抜け。
残ったのは女性と男性になるわけですが、「じゃあ、残りの1枚はレディ・ファーストで女性に差し上げましょうか」と話を持っていくのであります。
もちろん、女性が勝っていれば、「じゃあ、残りの1枚はお子さんに」となっているでしょう。
自分の勝手な推測ですが、4人の面子が決まった段階で子供と女性に色紙が渡せるように、「男性2人を競わせて1人を落とす」という筋書きだったのではないかと想像しました。
マジシャンズ・セレクトみたいですね(^_^;)。
ちょっと粋な計らいだと思います。

Img_8679Img_8680_2

|

« 日除け2号 | トップページ | 雑記 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは(^.^)」

じゃんけんと聞いてお邪魔します

昨年、地元で柳家花緑師匠と春風亭一之輔師匠の二人会
がありまして行ってきました。

一之輔師匠の貫録は凄かったです。
落語は心の洗濯ができますねー。

新宿や浅草は敷居が高くまだ行けてないので行ってみたのですが
なかなかいけません(^_^;)

投稿: 右京 | 2015年10月13日 (火) 19:21

じゃんけん、強いですよね〜、右京さん。

落語も守備範囲ですか?
自分はそれほど詳しいわけではなく、どちらかと言うと相方の趣味です。
でも、年に一度、師匠がやって来るこのイベントを楽しみにしています。
実行委員会の1人が落研の後輩さんらしいです。

> 落語は心の洗濯ができますねー。

筋書きもオチもわかっていても、面白いですよね。
「話芸」とはよく言ったものだと思います。
逆に、笑点の大喜利なんかはちょっと品格に欠けるようにも感じます。
そういうものじゃないのはわかっていますけど(^_^;)。

投稿: HIRO | 2015年10月13日 (火) 22:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日除け2号 | トップページ | 雑記 »