« 似てる | トップページ | ほんとなの? »

2015年8月19日 (水)

『 The Private Life of Sherlock Holmes 』★★★

1970年に製作された「シャーロック・ホームズの冒険」を観ました。
手垢のついたようなタイトルですが、ビリー・ワイルダーが脚本・監督・製作であることと、原題が直訳するなら「シャーロック・ホームズの私生活」だったのでちょっと興味がわきました。
原作を映像化したものではなく、基本的にオリジナルのお話。
なかなか面白かったですね。
ビリー・ワイルダーらしいオシャレでユーモアたっぷりの会話劇ににんまりしました。
ただ、期待していた「私生活」という部分ではかなり物足りなさも。
最初の30分こそ謎の依頼から始まる滑稽なエピソードを楽しむことができましたが、以降の1時間半ほどはネス湖の恐竜を題材にした難事件。
「どこが私生活?」などと思いながら観ていましたが、wikiによると、元々は4つのエピソードで構成された4時間あまりの大作だったらしいのです。
それが縮小されることになり、「2つのエピソードで2時間」となったようです。
冒頭の30分が「私生活」を体現したものだったんですね。
とても納得。
今なら、DVDなどで「4時間完全版」とか言って出るんだろうな(^_^;)。

|

« 似てる | トップページ | ほんとなの? »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 似てる | トップページ | ほんとなの? »