« 『キタキツネ物語』★ | トップページ | 物欲 »

2015年9月 2日 (水)

潜んでいたのは

「ニューサマーオレンジ」という柑橘果実を食べた後にまいた種の鉢、昼間はベランダに出して日光浴をさせ、夜は部屋のインテリアとして飾っています。
背丈は15cmほどですが20本ほどの若い苗が育っています。
で、これにアゲハの幼虫が住み着くわけです。
右の方にはまだ黒い幼虫が2匹いますし、一番高いところにはかなり大きくなった幼虫もいます。

Img_8726Img_8727


ところが、帰宅して鉢を取り込むと、この日はなにかいつもと様子が違う感じがしました。
ふと、気がつくとでっかいカマキリが身を潜めているのであります。
1枚目の写真にも写っていますが、ぱっと見ると気づかないですよね。
このカマキリ、どこから、どうやって来たのか不思議です。
このベランダで育ったとしたら、途中で気がつかないわけはありません。
隣家から来たとしても、では、その隣家にはどうやって来たのか。
3階まで飛んで来るのでしょうか。
でも、飛ぶといっても、自分が知っているのはトビウオみたいに一定の距離を滑空する姿だけです。
チョウや鳥のように3階まで羽ばたいてくる姿がイメージできません。
自分の中ではちょっとしたミステリーです。

Img_8725

|

« 『キタキツネ物語』★ | トップページ | 物欲 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『キタキツネ物語』★ | トップページ | 物欲 »