« 楽園 | トップページ | ハロウィン »

2015年9月24日 (木)

『 The Ladykillers 』★★★

オリジナル版の「マダムと泥棒」を観ました。
トム・ハンクスが主演していたリメイク版はどうも「いまいち」だったのですが、オリジナル版を見た後だとあれは「品がない」という一言で片付けたいと思いました(失礼(^_^;))。
犯罪を題材にしたコメディ映画ですが、イギリス映画らしい品の良さを感じますね。
主演のアレック・ギネスはSWのオビ=ワンでしかほとんど知らないのですが、若い頃はめちゃくちゃ怪しい感じがしました(笑)。
後半の展開はどうするのだろうと思っていましたが、本当に殺し合いを始めたのでびっくり。
でも、殺伐としていない。
最後の一人が死んだ時は「おお〜、そうくるか〜」と感心すると同時になぜかクスッと笑ってしまいました(^_^;)。
そういう映画だと思います。

|

« 楽園 | トップページ | ハロウィン »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 楽園 | トップページ | ハロウィン »