« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月30日 (木)

「料理の四面体」

料理をするのは好きです。
決して上手ではないし、得意でもありません。
単純に「作るのが好き」という嗜好における対象の1つです。
ただ、料理に目覚める(?)きっかけとなったのは、大学時代に先輩に薦めてもらったこの本のおかげ。


言いたい事はすべてリンク先のアマゾンのレビューに書かれているのでここでの説明は省略しますが(^_^;)、「100のレシピを知っているよりも、1つの原則を知っている方がよい」という感じかな。
いくらでも応用が効くわけです。
自分の人生の中で何枚か落ちたウロコの中の1つ。
良い本だと思います。

本の帯にはこういう文章も書かれています。
「または 世界の料理を 食べ歩きながら そのつくりかたを 研究して だれも 知らなかった 美味を発見する 方法について 考える こと」
この「方法について考えること」というアプローチも新鮮でした。
例えば、「どうやったらカッコいいレゴを作ることができるか考える」というようなこと。
とても戦略的だと思います。

| | コメント (0)

2016年6月29日 (水)

『 The Conversation 』★★★

フランシス・フォード・コッポラ監督・製作・脚本、ジーン・ハックマン主演の「カンバセーション…盗聴…」を観ました。
盗聴を生業とする主人公がある事件に巻き込まれていくサスペンスもの。
カンヌ映画祭ではパルム・ドールを受賞していたんですね。
現在のサスペンス映画のような刺激的映像、演出、テンポなどは控えめですが、それでも十分に面白かったです。
とにかく主人公(と我々視聴者)は「盗聴」という限られた手段でしか情報が得られないため、「何が起きているのかよくわからない」というのが前提にあるのです。
主人公と一緒に頭の中でいろいろ模索しながらの鑑賞となるのですが、展開は比較的地味。
で、油断していたせいでしょうか(^_^;)、ラスト15分でのどんでん返しに驚いてしまいました。
今でいうプライバシーや個人情報流出の問題などをこの時期(1974年作品)から問題提起していたあたりにも感心しました。
やっぱり、すごいんだな、コッポラ監督って(^_^;)。

| | コメント (0)

2016年6月28日 (火)

色づいてきた

プチトマトが色づいてきました。
可愛いなあ。

Img_0561

| | コメント (0)

2016年6月27日 (月)

Reich - Music for Mallets instruments Voices and Organ

赤いジャージ、目立ちすぎ。

| | コメント (0)

2016年6月26日 (日)

オールショパン

いつものコンサートはピアノ。
演目は全てショパンの作品。
自分にはちょっとピンとこない世界なのですが(^_^;)、それでも素敵なピアノの演奏を楽しませてもらいました。

Img_0557_2Img_0807

| | コメント (0)

2016年6月25日 (土)

雑木林に作ったエサ台に枝を取り付け、周りにフウセンカズラの苗を植えてみました。
これで「緑の塔」になってくれると嬉しいんだけど。

Img_0551_3


おまけ画像は「アザミ」の花。
実は葉っぱがワイルドで棘がすごいです。

Img_0543

| | コメント (0)

2016年6月24日 (金)

投票感謝

先日のクリブリレゴコンテストには5人の方から投票をいただきました。
こんな地味な作品にありがとうございます(^_^;)。
5人ですから、すべて紹介してみます。

男(4歳):かっこいいから
男(6歳):飛んている物がカッコいい
男(11歳):悪者であるミニフィグが何故だか可愛い
男(21歳):屋根瓦の滑らかな表現と忍者たちの躍動感がとても良く出ていた
女(24歳):シンプルだけどものがたりを感じます!

4歳、6歳、11歳の子たち、ありがとう。
21歳の彼、自分が今回やりたかった事を1行で表現してくれました(^_^)。
そして、24歳の彼女、自分が目指しているスタイルを1行で表現してくれました(^_^)。
たくさんの作品の中からわざわざ拙作に投票してくれた方々。
その着眼点に敬服しました。
これからも自分のスタイルでがんばります。

| | コメント (0)

2016年6月23日 (木)

『 Paper Moon 』★★★★

ライアン・オニールとテイタム・オニールが親子共演した「ペーパー・ムーン」を観ました。
これもずいぶんずいぶんひさしぶりです。
聖書を騙して売りつけていたこととテイタム・オニールが可愛かったことぐらいしか記憶はありませんでした。
う〜ん、面白かった。
★を4つつけるのはひさしぶりだと思います。
詐欺師と小さな少女の2人によるロード・ムービー。
とにかくテイタム・オニールの表情が素敵ですね。
8割ぐらいは不機嫌な顔してるんですけど。
10歳でアカデミー助演女優賞を取り、未だに最年少記録になっているとか。
なんとなく自分は広末涼子さんに似ているなあ、と思ってみたり。
余談ですが、ペーパー・ムーンの写真撮影用書き割りもかわいい。
日本の観光地にある「顔だけ出す書き割り」よりもずっとオシャレだと思います。

| | コメント (0)

2016年6月22日 (水)

獄門島

角川映画の金田一耕助シリーズ初期3作が好きです(4作目以降は好き嫌い以前に、あまり知らない)。
音楽は普通ならシリーズとして同じ音楽家が担当すると思うのですが、それぞれ異なっていて、しかもクオリティが高いことに感動します。
「獄門島のテーマ」はとても好きな曲の1つ。
作曲した田辺信一さんのことはほとんど知らなかったのですが、wikiを開いたら「岡山県総社市出身」とあってびっくりしました。
確か「悪魔の手毬唄」に出てくる町ですよねえ。
映画では駅のホームで「そうじゃ」という国鉄(当時)のサイン板が映っていたように記憶しています。
「そうじゃ、総社にいこう」とかいうキャンペーンはどうでしょう。

| | コメント (2)

2016年6月21日 (火)

忘れ物

通勤をしていると忘れ物であわてて家に戻ったりすることもあります。
まあ、定期とか、鍵とか、携帯とか、傘とか、そんなもんだと思いますが、先日、通学途中の女子中学生の会話が聞こえてきました。
「あ、忘れたっ」
「何?」
「コンパス〜」
「コンパス?」
「今日の数学の試験で使うのよ〜」
そう言って彼女はくるりときびすを返すのでした。
なぜか、ちょっとほのぼのしました。

そういえば、コンパスなんてずいぶん回してないなあ。
パソコンの中でシフトキーを押しながら楕円ツールを使うだけですが、描画方法としてはアプローチが全く違いますね。

| | コメント (0)

2016年6月20日 (月)

『 The Numbers Station 』★★★

「殺しのナンバー」というサスペンス映画を観ました。
いかにもなタイトルがついていますが、ナンバーというのはCIAの極秘指令に使われる暗号コードのこと。
その暗号を発信する基地(これが原題)が謎の集団に襲われて、暗号コードが悪用されると大変なことに〜、というお話。
諜報の世界ではもう重大な危機に見舞われるわけですが、あまり緊張感はありません(^_^;)。
暗号発信基地という目立たない施設、登場人物は少なく、敵味方の攻防もそれほど派手ではなく、登場人物に強烈な個性があるわけでもない。
たぶん、予算も少ないのでしょう。
「CIA最大の危機を、最小のスケールで描く!!」
そういう感じがしました(^_^;)。
いちおう面白く観たんですけどね。

| | コメント (0)

2016年6月19日 (日)

レゴ回収

お台場クリブリのコンテスト参加作品を回収に行ってきました。
いつものように感想付きの投票用紙やネームプレートをいただきました。
投票内容などはあらためてレポしますが、いつもこんな作品に投票してもらってありがたいことです。
感謝、感謝。
そしてスタッフのみなさん、今回もお世話になりましたm(__)m。

Img_0536


今回の参加者への記念品はオリジナルのミニフィグ2体セット。
くじ引きの要領で箱の中から手探りで選びます。
あたりさわりのないパーツ群の組み合わせですね(^_^;)。
あとはお土産にミニフィグシリーズを2体購入しました。
宇宙の戦士的な人とギリシャ神話に出てくるパーン。
ドビュッシーの「牧神の午後への前奏曲」に出てくるあいつですね。

Img_0537_2Img_0534

| | コメント (0)

2016年6月18日 (土)

1球速報

プロ野球をチェックする時、Yahooスポーツの「1球速報」をよく利用します。
各打者の打席で1球ごとにストライクやボールの判定が表示されたり、連続プレーが簡潔な文章で表現されたりしますが、担当者の熟練度にもよるのでしょうか、結果を示すので手一杯の時もあれば、余裕でいろんな情報を盛り込んでくる時もあります。
ホームランが出た時に、「ガッツポーズ」「投手ガックリ」とか。
同じ外野フライでも「フェンスギリギリ」とか「ファインプレー」とか書いてくれるとイメージしやすいですね。
で、最近見かけたのが「捕手悶絶」です(笑)。
確かにこれだけで状況が伝わってきます。

| | コメント (0)

2016年6月17日 (金)

『 野獣死すべし 』★★★★

ひさしぶりに「野獣死すべし」を観ました。
やはり面白い。
鬼気迫る松田優作の役作りに圧倒されます。
そして、小林麻美さんがなんて素敵なんでしょう。
検索してみたら現在もいろいろご活躍のようで、年齢を重ねてもエレガントで素敵でした(^_^)。

| | コメント (0)

2016年6月16日 (木)

風船

フウセンカズラの実が膨らみました(^_^)。

Img_0533

| | コメント (0)

2016年6月15日 (水)

手を動かす

最近の読書事情はというと、携帯端末で海野十三先生の科学小説や推理小説、北大路魯山人の料理に関するエッセイなどを読んでいます。
そして、あいかわらず森博嗣氏のミステリーやエッセイなどをこちらは文庫や新書版で。
で、最近読んでいたく同感したのが「創るセンス 工作の思考」という工作に関するエッセイ本です。
自分も以前は「パソコンの中」でいろいろな創作活動をしていましたが、レゴに触れたあたりから、実際に手を動かして作ることの楽しさ、面白さを再認識しました。
木工の真似事や料理も同様。
どのくらいの世代までかはわかりませんが、子供の頃は誰だって工作少年でした。
プラモデルやゴム動力のグライダーを作ったりして、楽しかったなあ。
今の子供たちは「誰だってゲーム少年」なんだそうです。

| | コメント (0)

2016年6月14日 (火)

サヨナラコリジョン

ライオンズは交流戦をなかなか好調にこなしていましたが、マツダスタジアムに乗り込んでのカープ戦でなんとも歯がゆいサヨナラコリジョン負け。
審判団の協議の末にサヨナラ勝ちが宣告されるなんて、喜ぶ方もタイミングに困ってしまいますね。
さえないなあ。

| | コメント (5)

2016年6月13日 (月)

雑記

先週仕込んだドライフラワーのアジサイ、開封してみたらきれいに仕上がっていました。
色あせはほんの少しだけ、ほぼ仕込んだままの姿で残っていました。
写真は撮り忘れました(^_^;)。
またいろいろ試してみようと想います。

日曜の緑の作業のついでに「サンショウ」の実を収穫。
ちりめん山椒にするのが楽しみ。

Img_0493


ユニクロでレゴTを入手。
シャツ全体に殻があるものではなく、ポケット部分にブロックが積まれています。
金額的にはレゴ純正品よりもずいぶんお安く入手できますね(^_^;)。

Img_0488

| | コメント (0)

2016年6月12日 (日)

ソプラノ& バリトン

いつものコンサート、今回はソプラノとバリトンの歌い手さんがデュエットでオペラの歌曲を歌い上げるものでした。
オペラとか、バレエとか、ミュージカルとか、個人的には苦手なんですけどね(^_^;)。
このお二人はご夫婦なのですが、ついソプラノとバリトンで夫婦喧嘩している光景を想像してしまいました(^_^;)。

Img_0486Img_0752

| | コメント (0)

2016年6月11日 (土)

挿し木

緑の作業の一環で、敷地内にある樹木を増やすべく「挿し木」をしました。
ローリエ、ブルーベリー、グミ、クチナシ、バラ4種、という8種類の植物を4本ずつ。
成功率は3割程度でも十分満足します。
なんとか根付いてください(^_^;)。

Img_0526_2Img_0528

| | コメント (0)

2016年6月10日 (金)

『 Solaris 』★★★

ソダーバーグ監督によるリメイク版の「 ソラリス」を観ました。
CGやセットが格段に向上し、演出や演技もストイックだったので、おおむね好印象ですが、やはりオリジナルのタルコフスキー版が好きです。
なんか、亡き妻との思い出に終始していた印象で、タルコフスキー版にある故郷への想い、ノスタルジアの方が切なくなってしまうんだけどな。
ひさしぶりにあちらも観たくなりました。

| | コメント (0)

2016年6月 9日 (木)

芝桜

5月に作ったバラ花壇の下草として「芝桜」を植えてみようと考えています。
花屋で小さなポット苗を2つ買って来て、プランターで伸び伸びさせているところ。
ちなみに、購入当初はとてもかわいい花が咲いていました。

Img_0468_4Img_0097

| | コメント (0)

2016年6月 8日 (水)

『 Super 8 』★★★

J.J.エイブラムズの「スーパー8」を観ました。
「E.T.」をリスペクトした作品なのだそうで、スピルバーグは製作に名を連ねているのですね。
主人公は子どもたち、趣味の映画撮影中に列車事故に遭遇し、そこから謎の事件が続発して、エイリアンが出てきて町は大騒ぎ、というお話。
E.T.のようなほのぼの交流物語ではなく、シリアスな展開が続き、最後にちょっとだけ気持ちが通じるような描写があるだけ。
好き嫌いが別れる映画のようですが、自分はこういう方が好みです(^_^;)。
あとは大事件が起こっていながら、それを背景に利用しつつ自分たちの映画を撮り続ける子供たちの危機感のなさが素敵でした。
そりゃ、自分たちの町に軍隊がやってきたら、大人はびびるけど、子供たちは「すげ〜、すげ〜」と興奮しますよね(^_^;)。
本編が終わったあとのエンドロールでは子どもたちの作ったゾンビ映画(笑)が流されて、クスクス笑いながら楽しませてもらいました。

| | コメント (0)

2016年6月 7日 (火)

残業開始

仕事が忙しくなってきて、6月と8月は残業月間となりそうです。
埋蔵文化財の整理をお手伝いしているわけですが、現在「縄文土器の破片の接合」という作業をしています。
発掘された土器の破片を元の形に復元していく作業です。
もちろん、完成予想図などはありません。
全てのパーツがあるかどうかもわかりません。
複数の土器の破片が混じっていることもあります。
完成図のない立体ジグゾーパズルを複数同時に仕上げていくような感じです。
でも、これが実はけっこう楽しい作業なのですよ(^_^;)。
写真を載せることができないのが残念です。

| | コメント (0)

2016年6月 6日 (月)

ファイアボール チャーミング

DVDで続きを観たいと思っていた「ファイアボール チャーミング」が到着。
嬉しくて、「一気観」しました。
それにしても、最近よくみかける「DVD+blueray」というセットはどういう意図なんでしょう?
「今はDVDの方が一般的かもしれないけど、すぐにbluerayが当たり前になるから一緒にしとくね」みたいな○○なお世話でしょうか。
それとも、もしかして「まだbluerayプレイヤー持ってないの?だったらDVDも一緒にしとくね」みたいな哀れみの配慮でしょうか。
なんか、自分には無駄に思えます。

Img_0745_2

| | コメント (0)

2016年6月 5日 (日)

ドライフラワー作り

ドライフラワーというと、いただいた花束を逆さ吊りにして乾燥させ、ちょっと色あせたひなびた味わいのものを連想する自分でしたが、最近はかなり色鮮やかなドライフラワーが簡単に出来るということを知りました。
それが、ドライフラワー専用のシリカゲル剤です。
ドライフラワーにしたい花を細かい粒の乾燥剤で覆ってやるだけ。
しかも、乾燥剤は何度でも使えるのです。
というわけで、アジサイを仕込んでみました。
これで1週間待ちます。

Img_0458_2Img_0459_2Img_0460_2Img_0463

| | コメント (0)

2016年6月 4日 (土)

ジャム作り

杏部の活動で収穫した杏でジャム作りに挑戦してみました。
もちろん初めてのジャム作りです。
まずはクックパッドでレシピをいろいろ調べてみましたが、意外とシンプルで簡単なんですね。
で、とにかく自分は甘すぎないレシピを探しました。
一般的な甘いジャムだと果実に対して50%の砂糖を使うようです。
以前購入していた甘さ控えめジャムだと40〜45%ぐらいだったような記憶があります。
ペクチンと呼ばれる果実が持っている糖分を引き出すためには「最低でも30%の砂糖が必要」ということだったので、自分は「35%」という設定で作ってみました。
1時間ほど煮込むだけなんですけどね(^_^;)。
仕上がりはとても美味しかったです。
想定通り、甘さひかえめのフルーティーな味わい。
せっかく大成功したというのに、写真を撮っていません(^_^;)。
あるのは後日作った「鶏肉のソテー アプリコットソース仕立て」の写真です。
ちなみに、ジャムはほとんど同居人が食べ尽しました。
自分は作った時点で満足なのです。

Img_0524

| | コメント (4)

2016年6月 3日 (金)

微妙な違い

仕事先にきのこ好きの人もいます。
そのせいというわけではありませんが、きのこのマリネを時々つくります。
写真にはエリンギ、マイタケ、シメジ、エノキの4種のきのこを使っているのですが、正直なところ、自分にはこれらきのこの味の違いがあまりよくわかりません(^_^;)。
もしも、出世魚のように、「エノキがだんだん大きく太くなって、姿と名前が変わっていき、最終的にエリンギになる」と言われても「なるほど〜、それで同じような味なのか〜」と納得すると思います。
その程度のバカ舌です(^_^;)。

Img_0427

| | コメント (0)

2016年6月 2日 (木)

仕事先には自称「杏部」なる人々がいます。
事務所から歩いて10分ほどのところに「杏通り」と呼ばれる長い杏並木があり、この時期になるとたくさんの実がなるのです。
それを収穫し、いろんな形で食すのが主な活動です。
年に1度、この時期限定の活動ですね。
この収穫に誘われたので、仕事の終わった5時半過ぎに行ってきました。
現場に着くとすでに収穫は始まっていて、高枝ハサミで切ったり、木に登って剪定ハサミや素手で取っています。
ちなみに、木に登っていたのは自分よりも1周りほど歳上の超身軽な女性でした(^_^;)。
6人ほどでたくさん取って、近くの空地で山分けしました。
1人50個ぐらいあったかな。
帰宅してから重さを量ったら4キロぐらいあったと思います(記憶が曖昧(^_^;))。
写真を撮る暇がなかったのが残念ですが、まあ、来年もありますから。

| | コメント (0)

2016年6月 1日 (水)

マーガレット

仕事先の植物好きの人から「ピンクのマーガレット」の苗をいただきました。
う〜ん、自分には似合わん(^_^;)。
なので団地の敷地に植えてあげました。
写真はそのうちに。

| | コメント (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »