« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月30日 (金)

かぼちゃの種

ナッツのような感じで小袋に入って売られている「かぼちゃの種」、あれがけっこう美味くて後を引きずるわけですが(^_^;)、冷静に考えると「家でかぼちゃを調理する時は種を捨てているな」と気付き、これをストックすることにしました。
と言っても、たまにしか消費しないので、それなりの量になるにはそれなりの月日が必要だと思われます。
まあ、それもスローフードということで。
いろんな事をゆっくりじっくり楽しんでいきます(^_^;)。

Img_1386

| | コメント (0)

2016年9月29日 (木)

オルガン付き

「死の翼アルバトロス」の中でアルバトロス号が発進する時に荘厳な曲が流れます。
ずーーーっと気になっていましたが、数年前OTTAVAを聞き始めた当初にこの曲を耳にして感激しました。
すぐに曲名を調べて、それ以降は自分の中では定番です。
交響曲第3番ハ短調 作品78「オルガン付き」
こういうタイトルがいきなりラジオで紹介されても困りますよね(^_^;)。
そういう意味でもインターネットラジオは情報を得やすいので助かります。

| | コメント (0)

2016年9月28日 (水)

最終戦

ライオンズ、最終戦。
ファイターズに完封負けで終了です。
しかも、大谷に1安打完封を許す始末。
そして、目の前で胴上げ。
巷では「球界のおくりびと」と呼ばれるほど優勝決定をサポートしているとか。
菊池も好投したけど、ここぞという時に活躍しているイメージは少ないです。
エース同士の対決で1点もやれない展開の時に、1点もやらないのが真のエースでしょう。
西口や岸のようなストイックさをまだ感じられません。
ここ数年はひどいシーズンが続いていますが、今年はまた本当にひどかったなあ。
以前なら「抑えがいない」と嘆いていたわけですが、今はもう、豪華な草野球と呼びたくなる「雑な野球」です。
雑。
野球中継を見たり聴いたりする時、OTTAVAで一時期流れていた「心をフォルテに」という言葉を自分に言い聞かせていました。
震災に対して使われていたキャッチフレーズをこんな事に使って、なんだか申し訳ない気分です。

| | コメント (0)

2016年9月27日 (火)

胴上げ阻止

ファイターズの優勝マジック1で迎えた第24回戦、岸の好投とニュー外崎の先制HR(&炭谷おまけHR)でなんとか胴上げ阻止。
岸&炭谷のヒーローインタビューがなんか微妙でしたね(^_^;)。

| | コメント (0)

2016年9月26日 (月)

ゴーヤジャム

仕事先の園芸部の活動もあいかわらずで、昼休みの短い時間ですが、いろいろ世話しています。
先日はゴーヤの最後の収穫を終え、菱形金網フェンスに巻き付いた蔓をこまめと取ったりとか。
で、写真を撮るのを忘れたのですが、Fさんが「ゴーヤジャム」を作ってきてくれたので試食させてもらいました。
実は自分が「こんなレシピを見つけたんですよ〜」とクックパッドのレシピを紹介して、さりげなくリクエストしたものでした(^_^;)。
普通に美味しかったのですが、とにかくもう、ゴーヤの苦味を消すために杏を大量に投入して、ほとんど「ゴーヤの入った杏ジャム」になっているんだとか(笑)。
でも、そのチャレンジ精神と行動力に感謝です。

| | コメント (0)

2016年9月25日 (日)

解説付きコンサート

いつものサンマチコンサート、今回はモーツアルトのピアノ曲を解説付きで楽しむという企画でした。
モーツアルトの研究家の方がまず曲の解説をして、それを踏まえてピアニストの演奏を聴くという構成です。
自分のような素人にはわからない話もたくさんあったし(^_^;)、そもそもモーツアルトにあまり興味がない自分(おいおい(^_^;))なのですが、それでも十分に楽しめました。
こういう研修者の方々って、「真面目なオタク」という感じですよね(すいません(^_^;))。
「僕はこういう話がすごく面白いと思うんんだけど、みなさんはどうでしょう」みたいな、謙虚なスタンスで話される姿がとても好印象でした。
また、お話を聞きたいと思いました。

Img_0819Img_0909

| | コメント (0)

2016年9月24日 (土)

『 Heartbreak Ridge 』★★★

クリント・イーストウッド監督・主演の「ハートブレイク・リッジ/勝利の戦場」を観ました。
アメリカ海兵隊の古参の強者イーストウッドが「最近の若者」を鍛える話。
よくあるパターンではありますが(^_^;)、こういう絆を深めながら成長していくストーリーは安心して楽しめます。
最後は部隊が実戦に投入されるも、映画の雰囲気から悲惨な結末にはなりそうにないし。
安心して観られる戦争映画(?)でした。

| | コメント (0)

2016年9月23日 (金)

ふわふわ

仕事先に向かう途中、小さな畑のそばを歩いていくのですが、その並びには普通の民家もあって、いろいろな植物が道端に並んでいます。
先月ぐらいから気になっていた「実」があって、今日はちょっと勇気(?)を出して、その実をもいできました(^_^;)。
念のために書いておくと、庭先に手を伸ばしたわけではなく、公道にはみ出していた実をいただいたわけです。
でも、勝手にごめんなさい(^_^;)。
で、その実というのが「オキシペタルム」という名前の植物です。
ちょっと覚えにくい名前ですが、きれいな青い花が咲きます。
なので、「ブルースター」というわかりやすい通称があるようです。
最初に道端で見た時は、緑色の細長い鞘がいくつもぶら下がっていて、なんとなく豆類を想像していたのですが、ここ数日の間に鞘がはじけ、中からふわふわの綿毛が顔をのぞかせているので、思い切って手を伸ばしたわけです。
たんぽぽの綿毛なんかとはまた違った構成です。
ほんとに不思議。
まだまだ知らないことがたくさんあります。

Img_0983Img_0984Img_0985

| | コメント (0)

2016年9月22日 (木)

やり残している事

人生でやり残している事はたくさんある。
そもそも全部できるとも思っていないのだけど、最近、ふと「これはやっておきたいなあ」と思った事があります。
森永の「おもちゃのカンヅメ」を当てることです(^_^;)。
きっかけを話し出すと長くなるので省略しますが、「おもちゃのカンヅメ」について調べていたら、いろいろ面白くて。
あれ、森永製菓の中でも極秘中の極秘案件らしく、社員はおろか、取締役の人たちでさえもその内容を知らないそうです。
担当部署だけが知っている超極秘プロジェクトですね。
それを知って、自分で開けてみたくなりました(^_^;)。
子供の頃、確か近所の友だちが当てて、それを見せてもらったような記憶があるのですが、ディテールは全く思い出せません。
しかも、現在の缶詰めは今までの物とはちょっと趣向が変わっているようなのです。
これまでは「中にどんなおもちゃが入っているでしょう」という世界だったわけですが、今回は自分の解釈だと「缶詰そのものがパズルになっていて、それを開ける行為が玩具として楽しめる」というようなものらしいのです。
つまり、缶詰めそのものがおもちゃ。
別の意味で「おもちゃのカンヅメ」ですよね。
あるいは「カンヅメのおもちゃ」と言った方がよいのかも。
とにかく、その内容を実際に確かめたいのです。
だから、当てたい。
ネット検索すると出てきそうだけど、これは自分の目と手で確かめたいのです。

| | コメント (0)

2016年9月21日 (水)

最後の収穫

仕事先の畑(極小!)で作っていたゴーヤもそろそろシーズンが終わりということで、残っていた実を全て収穫しました。
大きいものから小さなものまで、全部で27個。
昼休みに台所に並べて「ご自由にお取りください」と案内し、その1時間ですべて完売御礼です。

Img_0293


日々の収穫数は所内のカレンダーに記録していました。
夏休みの自由研究みたいですが、こういう事もしたかったのです(笑)。
最終的に苗2本から80個のゴーヤを収穫することができました。
十分満足です。
もう、来年はゴーヤはいいな。
なぜなら、自分はゴーヤがあまり好きではないから(^_^;)。

Img_0834

| | コメント (0)

2016年9月20日 (火)

パウンドケーキ

仕事先で美味しいパウンドケーキをいただきました。
同じフロアで働いている主婦のFさんが作った手作りケーキでした。
甘さが控えめで、ブランデーが多めで、自分にはちょうどいい味でした(^_^;)。
紫色の部分はブルーベリーがたっぷり。
「ブルーベリーをたくさんもらったので、それを消費するために作った」と言ってましたが、こういうのをサラッと作れてしまうと素敵ですね。
いつか自分でも作ってみたいものです。
携帯しているiPodtouchのカメラは画質が低いです。すいません(^_^;)。

Img_0294

| | コメント (0)

2016年9月19日 (月)

咲いた

8月30日の記事にユリのつぼみができた話を書きましたが、ついに咲きました(^_^)。
思っていた以上に立派な花が咲いてびっくり。
小さなひらひらの種からほんの1〜2年で咲いたとは思えない出来栄えです。
種、たくさんばら撒いてやろう。

Img_0818

| | コメント (0)

2016年9月18日 (日)

1230

いつものサンデーマチネコンサート、今回は「微分音のふしぎな世界」と題された現代音楽のコンサートでした。
馴染みのある「ドレミファソラシド」の音階ですが、実際には8個の音の間にもっと細かな連続する音階がありますよね。
その中で、シャープやフラットで半音違う音を拾い出したりするわけですが、それもあくまでも便宜上のこと。
本来、音はそういう風に区切られておらず、人間が使いやすいように仕切っているだけのことです。
微分音の世界は、そういう視点から、音の連続性を細かく、細かく、細分化していった世界のようでした。
1230。
ステージに置かれた微分音キーボードの鍵盤の数です。
ピンぼけの写真で申し訳ないのですが(^_^;)、10個のボタンで1セットの鍵盤が1行に3個置かれ、10X3=30個。
この30個の行が41列並んで、30X41=1230個というわけです(もしかすると、少し配置が違うかも)。
普通のピアノの鍵盤数は「88個」が一般的のようなので、圧倒的な差がありますね。
とにかく、隣り合っているボタンを押しても、ほとんどのその差はわかりません。
「わからなくて普通ですから、心配しなくても大丈夫です」と奏者も話されていました。
で、その1230個の鍵盤が並んだ微分音キーボードの盤面を両手で左右にわさわさと動かしながら演奏するわけです。
いわゆるシンセサイザーのような世界ですが、この「微分音」というキーワードがあるだけで、また一味違ってきます。
心地よい音楽というわけではありませんが(^_^;)、とても面白かったです。

Img_0810Img_0811


配布されたチラシにはこんな言葉も載っていました。
「さて、私は、といえば、最近はいよいよTPXの1230の鍵盤にも満足できなくなってきている。そして、次に挑戦しているのは、ベトナムの Dan Bau、なんと一弦琴である」
なんか凄いですね。
1230個の音源を並べても、微分音に限りはない。
厳密に言えば、音は無限大に細分化されていくわけです。
それをフォローするのは大変ですが、たった1本の弦楽器の中にその全てが含まれていることもまた事実。
1弦楽器の中に無限大の音の宇宙が内包されていると考えると、もう、ほんとに頭がクラクラしてくるぐらいにSFです (@_@)。

Img_1369

| | コメント (0)

2016年9月17日 (土)

アルバトロス

ふふふ、やっと「死の翼アルバトロス」のDVDを入手しました。
ルパンのTVシリーズが隔週ぐらいのペースでDVD化されていましたが、最初の旧ルパンシリーズを集めてから1年半ぐらい経ったでしょうか、やっと宮崎駿氏が照樹務名義で脚本・演出したアルバトロスの回がやって来ました。
正確にはもう少し前に発売されていたようですが、毎日こまめにチェックしていたわけではないので(^_^;)。
まあ、とにかく、アルバトロスをいつでも好きな時に観ることができるというありがたき幸せです。
さっそく観ましたけれど、何度観ても面白いですね。
23分程度なので、いつでも気軽にサクッと最初から最後まで観られるのがよいです。
「ああ、もう終わりか〜」とちょっと物足りないぐらいの腹八分目で終わるのもよいです。
このエピソードの不二子も好き。
これから何度でも観るな。
他に3編が収録されていましたが、こっちはたぶん一度も観ないな(^_^;)。

Img_1367Img_1368

| | コメント (0)

2016年9月16日 (金)

あれっ?

1ヶ月ほど前に通勤用のリュックを新調し、特に問題もなく使っていたのですが、ふとよく見てみると、背負うためのショルダーベルトが正しく取り付けられていない事に気づきました。
なんとなくピタリと納まっていない感じは時々していたのですが、自分で背負う時にベルトがよじれていたのだろうと思っていたのです。
まず、写真上部。
ベルト通しの金具が左右で反転して取り付けられています。
さらに右側のベルト。
途中で反転しており、ねじれた状態で取り付けられているのです。
もっと早く気付けよ〜、オレ orz。
そういうわけで、この他にも別角度から写真を撮って、販売先に連絡しました。

Img_0980

| | コメント (0)

2016年9月15日 (木)

ムシャムシャ

いつも作業している雑木林では、アシタバの葉の上にキアゲハの幼虫がうようよいます。
自分はこれぐらいの光景が限界かもしれません(^_^;)。
とにかくムシャムシャ食べてますね。
元気に育ってください。

Img_0816_3Img_0815

| | コメント (0)

2016年9月14日 (水)

記録

以前、世界新記録と世界最高記録の違いについて読んだことがあります。
世界最高記録はマラソンで使われる言葉だそうで、異なる条件(起伏、風、気候、等)の元で行われた場合に「世界最高記録」、短距離走のように一定の環境条件の元で行われた場合は「世界新記録」になるのだとか。
それでいくと、野球のホームランはまさに「世界最高記録」の範疇の属するものですね。
で、盗塁なんかは「世界新記録」になります。
メジャーリーグでは王さんのホームラン記録よりも福本さんの盗塁記録の方をより高く評価している、といった記事を見かけたことがあります。
なんか、この頃、またホームランが軽々と出ているような気がするんですけど、気のせいかな。
球場の広さとか、フェンスの高さとか、ボールの質とか、本当に野球ってアバウトです。
で、「そういうのも含めて野球」と言いくるめてしまうあたりが、もう本当にね、アバウト(^_^;)。

| | コメント (0)

2016年9月13日 (火)

ゴジラ対自衛隊

「シン・ゴジラ」がいろいろ話題になり、仕事先でも日頃は怪獣映画なんて感心のない女性たちも「見たい、見たい」と騒いでいました。
自分もまだ観てないんですけど(^_^;)、「そういえば、自衛隊とゴジラがガチで戦うのをシミュレーションした本があったはず・・・」と思いだし、本棚やダンボール箱の中をがさごそ探してみました。
それがこの本。
ゴジラの出現確認からその対処までを法規的なものも含めながら、戦術・戦略的にシュミレーションしています。
平成1998年に出版された本を1999年に文庫化したものですが、当時読んだ時は「秘密兵器とかいらないから(笑)、こういうのをしっかりと描いて欲しいんだよなあ」と思ったものです。
そういうのを「シン・ゴジラ」に期待してもよいのですよね?(^_^;)

Img_1363

| | コメント (0)

2016年9月12日 (月)

気持ちのよい朝を

最近、朝の7時からEテレで放送している「ニッポンの里山」という番組を毎日観ています(月〜土)。
身近でちょっと懐かしい里山の暮らしと風景、そしてそこに息づく生きものたちの姿を10分にまとめたもの。
風光明媚な観光地とは違う、どこにでもありそうな里山なのがよいのです。
共生のための様々な工夫や暮らしぶりにも感心。
なにより10分というコンパクトな長さが、朝の忙しい時間帯の中でちょっとホッとさせてくれます。
6時30分から55分まで「ニュース」、55分から7時まで「0655」、7時から10分まで「ニッポンの里山」、それ以降はインターネットラジオの「ottava」を流して出かける準備をしています。
朝のニュースで流れたいやな事(領土問題とか、テロとか、汚職とか、不祥事とか、殺人事件とか、幼児虐待とか、DVとか、覚醒剤とか、その他いろいろたくさん)を中和して新しい1日を始めます。

| | コメント (0)

2016年9月11日 (日)

懐かしいおもちゃ

地球ゴマが生産中心になったニュースは去年ぐらいに見かけたと思うのですが、ふと気になってamazonで検索してみたら、ずいぶんな価格になっていてびっくり。
う〜ん、安くても4〜5,000円かあ。
ちょっと考えてしまいます。
安い類似品もありましたが、ひどいデザインでちょっと問題外でした。
昔買ったものが実家にあるような気もするのですが、今、遊んでみたいんだよなあ(^_^;)。
あと、けん玉も調べてみたら、こちらも協会認定の競技用は安くても1,500円ぐらいはするんですね。
800円ぐらいのイメージでいたんですけど。
けん玉も上手になりたい。

| | コメント (0)

2016年9月10日 (土)

カープ優勝

広島カープが25年ぶりに優勝ということで、おめでとうございます。
ジャイアンツ相手に東京ドームで決めるところがなかなかです。
前回の優勝は1991年で、この年の日本シリーズではライオンズが勝たせてもらってますね。
なんだか楽勝なイメージが残っていたのですが、2勝3敗と追い詰められた立場から2連勝で逆転優勝だったんだ。
う〜ん、なんか意外です。
スコアをみると、「1-6」「1-7」で勝ってるからかな。
あまり「死闘」という感じがしない。
でも、今は、カープ様の方がすっかり格上でありますm(__)m。
う〜ん、やっぱりあのサヨナラコリジョンが効いてます orz。

| | コメント (0)

2016年9月 9日 (金)

引っ越し

Niftyのホームページのサービス体制が変わることになり、9月末までに自分もホームページを移動させなくていけなくなりました。
まあ、ずいぶん前からわかっていた事なんですけど、期限が迫らないと行動しないという悪いクセです(^_^;)。
で、重い腰をあげて移行作業を始めたわけですが、Nifty提供の引っ越しプログラムを使って一瞬で終了。
新しいサイトは問題なく開設していました。
しかーし、旧サイトはバッサリとデータがなくなっていて、全く自分には触れない状態になっていました。
自分としては、1ヶ月ほどは併行して開いておき、自分なりに「引っ越しの案内」をしようと思っていたのですが、そういう配慮は全く許さんという感じですね。
あっさりとしたものです(苦笑)。
まあ、更新も滞っているので、誰も観てないんですけど(^_^;)。

| | コメント (2)

2016年9月 8日 (木)

ジャックの絵本

ジャックの絵本が届きました。
「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」の映画は何度も観ていますが、実は「絵本」は読んだことがなかったのです(^_^;)。
この薄さにあれだけの登場人物やエピソードが納まるの?と心配していましたが、ざっくりと削ぎ落とした内容になっていたのでした(^_^;)。
まあ、これは仕方ないですね。
そいいうわけで、これは「イラスト集」だと思ってページをめくることにします。
絵はほんとに素晴らしい!

Img_0838

| | コメント (0)

2016年9月 7日 (水)

『 In the Land of Women 』★★★

メグ・ライアン主演の「ランド・オブ・ウーマン/優しい雨の降る街で」という映画を観ました。
メグ・ライアンが出ていたから。
ただそれだけ。
可もなく不可もなく。
病気になってしまう役でしたが、もっと明るい彼女を見たいな。
最近は「整形に失敗してたいへんなことに」といったニュースを見かけたりもして、怖くて読めませんでした。
う〜ん、「めぐり逢えたら」や「ユー・ガット・メール」の姿をそっと心の中にしまっておこう。

| | コメント (0)

2016年9月 6日 (火)

インデザイン

仕事先でAdobeの「InDesign」に触ることになりました。
出版物の編集を行うソフトです。
同じAdobe社の製品ですが、IllustratorやPhotoshopとはまたちょっと扱いが違うのでいろいろ悩みそう。
仕事なのであまり余裕はありませんが、でも、新しいものにチャレンジするのはやりがいがあります。
期待と不安が交錯します(^_^;)。

| | コメント (0)

2016年9月 5日 (月)

ボケ防止

「ボケ防止のために」と自分に言い聞かせながら、課していることがいろいろありますが、とにかく「手を動かす」ことだと思っています。
レゴとか、料理とか、園芸とか、こういうブログを書いているのもその1つ。
本を読んだり、新聞を読んだり、ニュースを見たり、教養番組を観るのもよいのですが、ほとんど受け身な感じです。
こういう人が「自分はいつも勉強している」と胸を張るのは、まあ、事実だし、かまわないのですが、自分に欠けている部分の認識が甘いような気もして、ちょっと困ることがあります。
「知識はあるけど、知恵はない」
そんな感じ。
あとは、「ボケ防止のために何ができるか?」といつも考えていることがボケ防止につながるような気もしますね(^_^;)。

| | コメント (0)

2016年9月 4日 (日)

海野十三の「さ」と「し」

その後の海野十三読書記録。
「最小人間の怪 ーー人類のあとを継ぐものーー」「殺人の涯」「三角形の恐怖」「三重宙返りの記」「三十年後の世界」「三十年後の東京」「三人の双生児」「時限爆弾奇譚 ーー金博士シリーズ・8ーー」「地獄街道」「地獄の使者」「十年後のラジオ界」「十八時の音楽浴」「『十八時の音楽浴』の作者の言葉」「省線電車の射撃手」「少年探偵長」「白蛇の死」「新学期行進曲」「心臓盗難 烏啼天駆シリーズ・2」「人造人間エフ氏」「人造人間事件」「人造人間戦車の機密 ーー金博士シリーズ・2ーー」「人造人間の秘密」「人造物語」「人体解剖を看るの記」「振動魔」「深夜の市長」「心霊研究会の怪」
それにしても、人間そっくりの人造人間や音楽による集団洗脳の話など、あの時代(戦前)からこんなアイデアを展開していたことに驚きます。

| | コメント (0)

2016年9月 3日 (土)

ミニフィグディスプレイ

100均で見つけた小さなケースをミニフィグ用のディスプレイケースにしてみました。
奥行きがちょうど4ポッチ。
プレートを敷いて、両脇には柱を立てて棚板をつけ、2段構成にしました。
とりあえずこんな感じ。
いろいろ演出できそうですね。

Img_1337Img_1339_2

| | コメント (0)

2016年9月 2日 (金)

Imogen Heap

洋楽のことはよくわからないので、気に入った曲に巡り合ったら適当にブックマークして聴いたりしています。
最近チェックしていたのは「Imogen Heap」というグループ、と思っていたら女性の名前だったりして(^_^;)、そういうレベルです。


で、実は、よくよく調べてみると、この Imogen Heap というミュージシャンが以前活動していたユニットが「Frou Frou」というグループで、数年前、自分は同じようにたまたまブックマークしていたのでした。
たまたま偶然と言うか、運命的と言うか、まあ、自分の嗜好が一貫しているということでしょう。
でも、ちょっとびっくりした。

| | コメント (0)

2016年9月 1日 (木)

クロアゲハ?

朝起きて、いつものようにベランダの植物をチェックしていたら、小さな「山椒」の鉢にアゲハの幼虫がいることに気づきました。
まだまだ小さな苗なので、彼らがむさぼり食うとあっという間に葉がなくなり、枯れてしまうと思ったので、敷地内にある地植えの山椒に引っ越しさせてやりました。

Img_0800Img_0801Img_0802Img_0804


手元にある資料だと「山椒によく来るのはクロアゲハ」とあったのですが、知人によると「ナミアゲハではないか?」ということでした。
クロアゲハだったら嬉しかったんだけど。
ナミアゲハ、いつものやつですか(^_^;)。
まあ、たぶん、そうなんでしょう。
とほほ。

| | コメント (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »