« ピエロ騒動 | トップページ | 「ジグβは神ですか」 »

2016年10月14日 (金)

『 Frankenweenie 』★★★

ティム・バートンの「フランケンウィニー」を観ました。
ナイトメア・ビフォア・クリスマス系のストップモーションアニメ。
しかもモノクロ。
交通事故で死んでしまった愛犬をフランケンシュタインの要領で蘇らせてしまった男の子と犬のお話。
面白かったんですけど、個性的なキャラクタ揃いのナイトメアに比べたら、ちょっと物足りなかったような気がしました。
ラストの持っていき方はどうだったんでしょうね。
多少ネタバレになってしまいますが、街を救うために力尽きたスパーキーが再び復活してハッピーエンド。
でも、本来の在り方そのままに、静かに眠らせてあげてもよかったのではないかと自分は思いました。
たぶん、日本で作られた映画だったらそうなったんじゃないかなあ。
街を救って、スパーキーも復活して、みんながハッピー、めでたしめでたし。
このへんがちょっと物足りませんでした。
「命」について、もう少し突っ込んだセリフがあってもよかったのではないかと。
なので、単純な娯楽映画になってしまった印象でした。
あっ、それでいいのかな?(^_^;)

|

« ピエロ騒動 | トップページ | 「ジグβは神ですか」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピエロ騒動 | トップページ | 「ジグβは神ですか」 »