« サイン本 | トップページ | よそ者? »

2016年10月 8日 (土)

お別れ

ルパン三世DVDコレクション、宮﨑駿氏が担当した2ndシリーズの最終話「さらば愛しきルパンよ」を観ました。
これもサクッと気軽に何度でも観たくなる秀作。
放送当時は知りませんでしたが、新シリーズのルパンの在り方に非常に不満だった宮崎氏が最終話でニセルパン登場させることで、「これまで放送された新シリーズのルパンは”ずっとニセモノだった"」というメッセージを託していたと知り、いやはや、びっくりしました。
本当はモスグリーンの背広で登場させたかったのかもしれませんね(ちなみにアルバトロスでは背広を着ているシーンはなし)。
氏なりの決着の付け方かもしれませんが、そうなるとタイトルの「さらば愛しきルパンよ」が単なる最終回という意味ではなく、氏の惜別の言葉に思えてきます。
なんかもったいないですね。
宮崎さんのルパンをもう一度観たいです。

Img_1412_2

|

« サイン本 | トップページ | よそ者? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サイン本 | トップページ | よそ者? »