« 雑記 | トップページ | 『 RONIN 』★★★ »

2016年10月30日 (日)

箏の迫力

いつものサンデーマチネコンサート、今回は「箏」でした。
このコンサートに通いだしてから、なかなか接する機会の少ない邦楽の世界を知ることができて、とてもありがたいです。
と言うか、和楽器すごい。
TVや映画では、どちらかと言うと情緒のある優しい音色とメロディを聞く機会が多いですが、現在作曲されたいわゆる「現代音楽(現代の音楽、ではないですよ(^_^;))」の世界になると、途端に迫力を増します。
今回の「箏」も、より自由自在に音を奏でるための「二十五絃箏(通常は十三絃)」だったのですが、迫力がありました。
いつも最前列で鑑賞させてもらっていますが、弦楽器の時は空気が震えるのを感じられるような気がします(琵琶の時も凄かった)。
なんとなく横溝正史のミステリー映画を思い出したりするのです(^_^;)。
今回の演奏者は若い男女お二人とその師匠にあたる女性の方。
終演後もステージで楽器を紹介してくれたりしました。
興味を持った小さな女の子にいろいろ教えてあげていた奏者さんたちに好印象。
微笑ましい光景でした(^_^)。

Img_1012Img_1011Img_1013Img_1022

|

« 雑記 | トップページ | 『 RONIN 』★★★ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑記 | トップページ | 『 RONIN 』★★★ »