« 縄文食体験:前編 | トップページ | 雑談 »

2016年10月23日 (日)

縄文食体験:後編

次にとりかったのは「エゾ鹿肉のミニステーキ」です。
これはただ切って焼くだけですが、「石器で肉を切る」体験ができました。
上から押しただけでは切れませんが、手前に引くことでズブズブと肉が切れていく感触を味わうことができました。
予想以上の切れ味で、ちょっとびっくり。
参加したみなさんが驚いていました。
石器は職員さんたちの手作りだそうです。

Img_0931Img_0934


もう1つは「石蒸し料理」、鮭と長芋とエノキダケに塩をして、アルミホイルで包んで焼くものです。
縄文時代には多摩川でも鮭が登ってきた痕跡が発見されているのだそうです。

Img_0937


2つの料理の準備が整ったところ。
ちなみに、別のチームは入れ替わりで「どんぐりクッキー」を作っていました。

Img_0935Img_0936


まず、ホイル焼き。
礫群の中にホイル包みをくべ、高温に焼けた石を間に置いていきます。

Img_0943_2Img_0944


もう1つの焚き火の方では鍋がいい感じで進行中。
まず、よく焼けたプレートの上にどんぐりクッキーを並べていきました。
軽く焦げ目がついたところで引っくり返します。

Img_0942 Img_0945_3Img_0946


出来上がりはこんな感じ。
香ばしくて、まずまずの味でした。
器は雑木林にある竹を2つに切ったものです。

Img_0947


石蒸し料理もちょうどいい感じで仕上がっていました。
長芋がホクホク(^_^)。

Img_0948_2


別チームが作っていた縄文鍋。
塩と出汁しかないので、かなりあっさりとした味つけです。
醤油や味噌のありがたみがわかります。

Img_0949


そして、鹿肉のステーキ。
これが最高に美味しかったですね。
日頃、高級な肉なんて食べてないのでなおさら(^_^;)。
猪肉はブタに近く、鹿肉は牛肉に近い、そんな感じです。

Img_0950


ついでに余っていた鮭の肉も焼いて、バーベキュー大会のようになりました。
どれも思っていた以上に美味しかったのですが、やはり「白いごはん」が欲しくなるのも事実。
稲作を始め、お米の味を知ったら、縄文時代には戻れないでしょう(笑)。

Img_0951Img_0952_2


以上のような縄文フルコースを調理・実食体験してきました。
しかも、参加費は無料。
とても満足できる内容でした。
毎年やってると思うので、興味のある方はぜひどうぞ(^_^)。

Img_1049Img_1050

|

« 縄文食体験:前編 | トップページ | 雑談 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 縄文食体験:前編 | トップページ | 雑談 »