« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月31日 (火)

『 The Book of Eli 』★★★

デンゼル・ワシントン主演の「ザ・ウォーカー」を観ました。
戦争によって文明や文化が失われた世紀末的な世界を旅する男のお話(よくあるよね(^_^;))。
「ある本を西へ運ぶ」というのが彼の目的、そしてある本をずっと探していたのがゲイリー・オールドマン扮するある街の支配者。
で、すったもんだしますね。
主人公の行動、レイ・ブラッドベリの「華氏451度」を思い出しました。
これだけでかなりネタバレの気もしますが、それよりもゲイリー・オールドマンの奥さんに関する最後のオチが意外性があって面白かったのです。
旦那にずっと支配され続けてきた彼女は目が見えないのですが、最後の最後で「ある駆け引き」によって立場が逆転。
「うん、うまい」と思わず唸ってしまいました。

| | コメント (0)

2017年1月30日 (月)

SW缶

SW好きKさんから「コンビニで売ってるコーヒー缶にSWのフィギュアが付いてるの知ってます〜?」と教えてもらいました(最近はこういう情報に疎い自分)。
で、帰りにさっそく某ファミマに寄ってボバ・フェットの缶を買って帰りました。
全部で6種類あるそうですが、棚の一番手前にあったのがボバだったのです。
思っていたよりも小さいフィギュアでした。
そもそも、Kさんに見せてもらった写真のコーヒー缶を自分は通常の350mlサイズで捉えていたのですが、これが小さな185mlサイズだったせいです(笑)。
でも、その小さなフィギュアの緻密な精度感が好印象でした。
6種類、集めよう(^_^;)。

Img_1425_4Img_1426

| | コメント (0)

2017年1月29日 (日)

金柑の甘露煮

クックパッドはよく利用しているサイトなのですが、最近はある特定の作者さんのレシピが気になるようになってブログを拝見するなどしています。
そんな気になるレシピの1つ「金柑の甘露煮」を作ってみました。
金柑+砂糖をひたすら煮込みます。
要はジャムを作る要領。
これが美味しかったのであります。
仕事先にも持っていって味見してもらいましたが、好評でした(^_^)。
もっときれいな写真が撮れればよかったのだけれど、食べ物はつい撮るのを忘れて味見に意識が行ってしまうのです。
美味しそうにできたら、なおさらです(^_^;)。

Img_1429_2

| | コメント (0)

2017年1月28日 (土)

縄文ZINE

先週末に行った埋蔵文化財センターの上映会の帰りにロビーに置かれていた「縄文ZINE」という小冊子を持って帰りました。
表紙をみるとどこにでもありそうなオシャレなタウン情報誌のようですが、中身は縄文文化をいろいろな角度から楽しむユニークな視点に満ち溢れた1冊です。
なにげに手にしたフリーペーパーでしたが、読み始めたらすっかりファンになってしまいました(^_^;)。
年に2〜3冊ぐらい(?)出ているような不定期刊行物と思われますが、次回の冊子がとても楽しみです。

特集の「ポシェットの中の物語」は、村上春樹の作品を模した縄文人の「僕」と「彼女」が語るラブストーリー。
質の高いパロディにいろんな意味で感動しました(^_^;)。
素敵なセンスです。

Img_1448

なにやら不思議な格好で写真に写っていますが、これは雑誌の「読モ(読者モデル)」ならぬ「ドグモ(土偶モデル)」。
有名な土偶のポーズをとっています。
こういうの、好きです。

Img_1449

| | コメント (0)

2017年1月27日 (金)

御開帳

昨日のジャックおにぎりに気を良くして2個目のジャックおにぎりを作り、写真を撮りました(今回は鼻の穴が黒ゴマ)。
そして、そのおにぎりをテーブルに置いたまま出社してしまった自分です orz。

Img_1419


仕事先では、レゴ好き・ジャック好き・SW好きのKさんに「この前、子供たちがこれを買ったんですよ〜」と見せてくれたのがSWのデイパック。
お子さんが使っているものをわざわざ背負ってきてくれました(^_^;)。
グレイッシュな色使いで2頭身の可愛いヴェイダーとストーム・トルーパー。
「STAR WARS」の文字も、映画のロゴではなく、丸みをもった優しい雰囲気でいい感じ。
さすがディズニーの公式グッズです。

Img_1417

で、これだけでも十分可愛いのに、背面にある大きなポケットを開けるための中央ファスナーを開けると、そこにもイラストが入っているのです。
しかも、episode6のイウォークの森で神輿に乗ったC3PO。
ちょっとわかりにくい写真ですが、手前のイウォークが両手をあげて神様をあがめています。
宙に浮く椅子の座ったC3POは思わぬ展開にびっくりの様子。
自分は神社仏閣などで行われる「仏像の御開帳」を思い出しました(^_^;)。
とにかく、ここにこのシーンを選ぶセンスに参りますね。
外側の渋いカラーリングとは対照的にカラーのイラストを使っていて、いろんな意味で隠れたオシャレを楽しむ感じです。

Img_1418

それから写真を撮るのは遠慮したのですが、メインの収納部分にも裏地にイラストが入っています。
しかも、他の主要キャラクターが勢揃い状態でフルカラーでレイアウトされていました。
それらを表には出さず、あくまでも隠し通す。
所有者のみがバッグを開いてニヤニヤできる仕組みなのですね。
なんとも贅沢です。

| | コメント (0)

2017年1月26日 (木)

ジャックのおにぎり

ふっふっふ、ジャックのおにぎりであります。
以前入手したジャックのフォントを使って型紙を作り、海苔を切り抜いておにぎりに載せました。
いつも我が家で使っている「おにぎり海苔」は幅が65ミリ。
なので、幅65ミリ、長さ130ミリの長方形の型紙を作ります。
この型紙をまず2つ折りすると「65x65ミリ」の正方形の型紙になり、そこに海苔を挟み込んだら、線に合わせて切っていきます。
少々面倒ではありますが、大きなひとつながりの絵を作るわけではなく個々のパーツ(目と口)を作るだけです。
福笑いのパーツを作る要領ですね。
また、穴を切り抜くような作業もないので、たぶん難易度は低いと思います。
口の部分を根気よく切るだけです。

Img_1416_2Img_1411

ちなみに、今年から使っているSWのお弁当箱は直径70ミリ。
65ミリの海苔で作るおにぎりサイズにピッタリです。
もちろん、それを計算ずくで購入しましたよ(^_^)。

| | コメント (0)

2017年1月25日 (水)

『 のんちゃんのり弁 』★★★

小西真奈美さん主演の「のんちゃんのり弁」を観ました。
シングルマザーが独立してお弁当屋さんを始めるまでのお話。
漫画の原作があるようですが、自分は全く知らず、予備知識ゼロで鑑賞しました。
自分は勝手な思いこみで、「お弁当屋さんが成功するまでの成長サクセスストーリー」だと思っていたのですが、ずいぶん違う印象でした。
シングルマザーが自分のやりたい道を見つけるまでのお話だったんですね。
どうりでお弁当屋を決意するまでに映画の半分の時間を費やすんだ(^_^;)。
なんだかお弁当や料理に直接関わるエピソードは少なくて、その代わりにダメ亭主とか出てきて、とにかくシングルマザーが奮闘する話なんですね。
まあ、いいんですけど。
でも、そのせいか、料理もあまり美味しそうに見えなかった。
のり弁を紹介するCG画像なんかも興ざめでした、
よかったのは3点。
・小西真奈美さんがかわいい(特に酔っ払ったとこ)。
・岸部一徳さんがいい味出してる。
・映画のラスト10分

最後はお弁当屋さんの開店当日の朝。
黙々とお弁当を作り続ける主人公の姿がとてもよかった。
こういうシーンをもっともっと自分はみたかったであります。
子供を小学校に送り出した時のきりりとした表情、そして初めてのお客さんが呼びかける声に主人公が振り向く姿で終わるのもよかった。

| | コメント (0)

2017年1月24日 (火)

バイプレイヤーズ

テレ東の深夜ドラマ「バイプレイヤーズ」、なかなか楽しいです。
各人が実名で登場し、現実と虚構すれすれのところで遊んでいる感じがよいなあ。
これの女性版を作るとしたら、と考えてみたのですが、リーダー格に余貴美子さん、あとは木村多江さんと西田尚美さんしか思い浮かびませんでした。
最近はあまりTVドラマとか観ないからな。
深津絵里さんは「脇役」と呼んではいけないような気がするし、本上まなみさんは脇役かもしれないけど「名脇役」ではないような気がするし(なんて失礼なことを〜(^_^;))。
まあ、でも、自分の好きな女優さんが勢揃いしたら夢のようですけどね。

| | コメント (2)

2017年1月23日 (月)

ベランダのハツカダイコン

自宅ベランダのハツカダイコンも少し収穫。
仕事先のものより元気に育っていますが、なんとなく物足りない感じ。
やっぱり寒いと世話もおろそかになりがちです。
サラダにのっけて食べました。

Img_1410_3

| | コメント (0)

2017年1月22日 (日)

リース

緑の作業をしている小さな雑木林、冬になってから仕事に行く前に「ヒマワリの種」を置いてあげるようにしています(写真は載せてなかったっけ?)。
で、今日はそれとは別に「落花生のリース」を作ってあげました。
落花生の殻の両端をちょっとだけ切り落とし、あとは真ん中に穴をあけて針金を通します。
枝先に吊り下げられたこのリースのエサを食べるのは大変そうですが、そこがいいらしいですよ。
一生懸命しがみつきながら実をつつくのに集中するので、周囲への警戒が低くなる。
したがって、観察しやすくなるそうです。
そういう機会が訪れるといいなあ。

Img_1406Img_1409

| | コメント (0)

2017年1月21日 (土)

記録映画

最近楽しみにしている東京都埋蔵文化財センターの企画への参加。
今回は記録映画の上映会に行ってきました。
30分ほどの短編映画☓3本です。

・森と縄文人
・丘陵の中の歴史 ー多摩ニュータウンの遺跡と遺物ー
・古代史の発掘 ー発見された武蔵国分寺創建の瓦窯群ー

なかなか時代を感じさせる貴重な映像の数々でした。
一番面白かったのは3番目の瓦の窯の話。
ちょっとしたミステリーでした。
しかも、本当の答えはわからないまま、継続中なんですよね。
そもそも、考古学なんて(←ひどい言い方(^_^;))、現場に残された遺構や遺物(証拠)から当時の姿を想像(推理)する知的遊戯と思っていたりします。
こういう世界に出会えることができてとても嬉しいです。

Img_1428

| | コメント (0)

2017年1月20日 (金)

プリン

そういえば、お正月はプリンを作ったのでした。
今年はいろいろ目標を立てていますが、「スイーツを作る」というのも1つの目標なのです。
えーっと、「弁当」「スイーツ」「写真」「考古検定」、こんなところかな(欲張り?)。
で、プリン。
シンプルな材料と作り方のレシピを見つけたのでチャレンジしてみたのですが、これが思っていた以上にうまくいっちゃって、とても美味しかったのです(きっと失敗すると思っていたので、作業中の写真を撮ってなかった(^_^;))。
砂糖、卵、牛乳、そしてバニラエッセンスがあれば出来るのですね。
知らなかった。
プリンももっと上手に手軽に作れるよう練習します。

Img_1366

| | コメント (0)

2017年1月19日 (木)

ハツカダイコン

仕事先のプランターで育てていたハツカダイコンを収穫しました。
育ちはいまいち。
すでに2ヶ月ぐらい経過しているので、「もうこれ以上大きくならないんじゃない?」と副部長に諭されまして(笑)、全部抜きました。
本数はあるけど、実が小さくて。
葉っぱは胡麻和えに、実の部分は浅漬けにしました。
味は、まあ、可もなく不可もなく(^_^;)。

Img_1373Img_1375Img_1376

| | コメント (0)

2017年1月18日 (水)

カラスウリ

かなりひさしぶりなのですが、「カラスウリ」を入手しました。
通勤途中の道沿いになっていたものです。
正直に白状すると(^_^;)、個人宅の敷地内になっていたものですが、枯れたままずーっと放置されていたので、すでに「廃棄物」という扱いで、ちょっとだけ手を伸ばして1つだけもがせてもらいました。
子供の頃はあちらこちらでよく見かけたのですが、最近目にするのはひさしぶりでした。
まして「手にする」のは本当に何十年ぶりですね。
なんてことはないただの実かもしれませんが、秋から冬の枯れた風景の中に朱を1滴落としたような味わいです。
ふ〜、ほんとに歳をとったな(^_^;)。

Img_1414

| | コメント (0)

2017年1月17日 (火)

バトンタッチ

レゴ好きのKさんが仕事先にいてくれるおかげで、小さな作品を持っていくことが時々あります。
というわけで、今年の干支「酉」を作ってみました。

Img_1415

で、この隣りには以前フウセンカズラで作ったお猿さんが並んでいたのですが、「ちょうど申から酉にバトンタッチみたいですね」という感想があったので、ついでにバトンを持ったサルも並べてみました。
ニワトリは首と翼の角度をちょっと変えただけなんですけど、それらしく見えません?

Img_1398

| | コメント (0)

2017年1月16日 (月)

バイプレイヤーズ

テレ東の深夜ドラマ「バイプレイヤーズ もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら」を観ました。
遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研。
なんてゴージャスなキャスティング。
たまりません。
それにしても番組のホームページを開いてみたら、みんなの年齢が書いてあって、「ああ、自分もこの世代のど真ん中なんだ」と苦笑してしまいました。
遠藤憲一、光石研と同じ歳だったのか・・・
田口トモロヲさんが「59歳」だったのにはちょっとびっくり。
若くみえるのに、来年は還暦。
還暦ベランダーか(^_^;)。
でも、ワイルドですよね。
そういえば、自分が20代の頃、塚本晋也監督の「鉄男」で主演していたのを思い出しました。
すごくエネルギッシュな人でした。
そうか、変わらないんだな。

| | コメント (0)

2017年1月15日 (日)

パウンドケーキ

昨年の秋ぐらいに仕事先で「手作りのパウンドケーキ」をいただき、とても美味しかったことを記したと思うのですが、その後、作ってくれたFさんにいろいろと相談しながら「自分でパウンドケーキを作るプロジェクト」を進めてきました。
今回はついにその第1回目であります。
市販の「紅茶パウンドケーキミックス」なるものを使ったので、あとは卵とバターを加えてまぜて焼くだけでしたが、それでもいろいろと緊張しました。
作業場は粉だらけ、あちこち道具が散乱して、汚れてました(^_^;)。
それでもなんとか食べられるものができたのであります。
ちゃんとラッピングして、師匠に報告します。

Img_1393_2Img_1397

| | コメント (0)

2017年1月14日 (土)

とんぼ玉

東京都埋蔵文化財センターのワークショプ、トンボ玉の体験教室に行ってきました。
最高に楽しかったのであります\(^_^)/。
1時間半ほどの時間で1人2個までの製作時間したが、もっともっとやってみたかった。
最初に職員さんのデモンストレーションを観た時は「いきなりこんなの出来る?」と心配になりましたが、1個目のチャレンジの時は職員の方々がいろいろサポートしてくれて、なんとなく雰囲気をつかめました。
2個目もアドバイスをもらいながらでしたが、けっこう自分の力で出来たように思います。

Img_1387Img_1388

写真の右側にあるのが1個目で、透明のグリーンに白を「水玉」の感じで乗せています。
左側の2個目は、不透明の黒に薄い黄色を「マーブル」のように溶け込ませています。

Img_1394Img_1395Img_1447


そうそう、冷却時間が必要なので作業終了の40分後ぐらいに作品を引き取りに行ったのですが、取材に来ていた地元のケーブルTVのインタビューに答える展開になってしまいました(^_^;)。
観れませんけどね。

| | コメント (0)

2017年1月13日 (金)

レゴも同じ

昨日観た「題名のない音楽会」、番組の最後では毎回「音楽家たちが残した名言」が紹介されるのですが、今回はこんな言葉でした。

音楽のいいところは
打ちのめされても
苦痛を感じないところ
ボブ・マーリー

これ、レゴも同じです。
クリックブリックのモデルコンテストでは毎回打ちのめされていました。
そして「もっとがんばろう」と自分に言い聞かせていました。
今年はそれがないのがとても寂しいです。

| | コメント (0)

2017年1月12日 (木)

キン・ザ・ザ

録画していた「題名のない音楽会」を観ました。
映画やドラマの「テーマ曲」をテーマにした30分。
その中で大ヒットしたらしい「君の名は」のテーマ曲をオーケストラがメドレーで演奏していました。
自分は映画を観ていないので特別に感情移入することはありませんでしたが、単純に音楽として楽しめました。
で、この「君の名は」という映画がどんな内容なのかをネタバレにならないように紹介するわけですが、「心と体が入れ替わった二人が・・・中略・・・映画のラストではそんな二人に奇跡が訪れる」という感じの説明テロップが流れるわけです。
ここで、ふと、思いついたことがありました。
「もしかして、オチはキン・ザ・ザのパターン?」
キン・ザ・ザとは1980年代にロシアで作られた「不思議惑星キン・ザ・ザ」というSF映画のことです。
この映画のラストが予想もしない痛快なオチで、30年以上経った今もすごく印象に残っているのですが、そのパターンではないかと感じたのです。
試しに「君の名は キン・ザ・ザ」でネット検索してみると、同じように感じたらしいコメントが出て来るので自分の予想はたぶん間違いなさそう。
なるほどです。
あれを男女のラブストーリーできれいにやられるとグッとくるでしょう。
「キン・ザ・ザ」の方は爆笑なんですけどね(^_^;)。
見直したくなったなあ、キン・ザ・ザ。
いずれ映画の感想をアップすると思います。

| | コメント (0)

2017年1月11日 (水)

フォント

仕事先のKさんといつものようにジャックの話をしていて、ふと思いつきました。
ナイトメア・ビフォア・クリスマスのあの独特のフォントがネットで出回っているのではないかと思い、検索してみたら、やっぱりいろいろと出てきました。
とりあえず、以下の3つをインストールしてニコニコであります(^_^)。

http://ja.fonts2u.com/nightmare-before-christmas.
http://www.dafont.com/jack-skellingtonbats.font
http://www.fontspace.com/juan-casco/scars-before-christmas

で、せっかくなので受験勉強中のKさんちのS太郎にメッセージカードを作ってみましたよ。
がんばってね〜 (^_^)/。

Jack

| | コメント (0)

2017年1月10日 (火)

ニドネ・サンドーネ

OTTAVAのメールマガジンに登録しているので、年明けには新年号が配信されていたのですが、自分はいつもだいたい1週間遅れぐらいで読んでいます(^_^;)。
で、MCのみなさんの新年の挨拶や抱負が載っていたわけですが、「お正月に必ずすることは? 」という設問に対してGMの斉藤さんが「二度寝、三度寝」と答えていて、ふむふむと微笑ましく読ませてもらいました。
こういうところでも自分のキャラクタをしっかりと保持しているところが素晴らしいです。
自分の場合、朝の目覚ましは「6時10分」に設定していますが、そこから「5分」「さらに5分」とタイマーをかけて「プチ二度寝・三度寝」をしています。
たったの5分ですが、布団の中でぬくぬくとモラトリアムな時間を味わっています。
で、「二度寝・三度寝」、ちょっと発音を変えてみるとフランス語っぽくないですか?
「ニドネ・サンドーネ」
こういうワインがありそうな気がします。
きっと、朝のまどろみのような味わいでしょう。

| | コメント (0)

2017年1月 9日 (月)

漫勉

全国的に祝日でしたが、出社して作業してきました。
休日出勤の時は小さなワイヤレススピーカーを持っていって、好きな音楽を飛ばしています。
やっぱりこういう環境の方が向くんだよなあ(^_^;)。

録画していた「漫勉」のかわぐちかいじ完全版を見ました。
実は「漫勉」をちゃんとみるのは初めて(^_^;)。
黙々とペン先が動き、着々と仕上がっていく原稿に感動でした。
まともに読んだことがあるのは「沈黙の艦隊」ぐらいなんですけど、好きだったな。
毎週待ち遠しくて、発売日にコンビニで立ち読みしてた漫画は最初で最後のような気がします。
今も元気に活躍しているようで、なによりですね。
「沈黙の艦隊」を一気読みしたいな。

| | コメント (0)

2017年1月 8日 (日)

詩と曲と演奏と

いつものサンデーマチネコンサート、今年の第1回目は「一般公募した詩にオリジナルの曲をつけた演奏会」というユニークな企画でした。
場所柄、地元の音大の学生さんが演奏することはよくあるのですが、作曲を勉強している学生さんの作品を聴く機会ができてとても面白かったです。
というか、素人の自分からすると、ものすごくレベルの高いことをやっていらしゃるような気がしました(@_@)。
いわゆるシンガーソングライターとはまた違う領域の音楽づくりです。
普通のどこにでもいるような可愛いお嬢さんですけど、う〜ん、なんかもうびっくりだな。
それから「詩」の方もなぜか素直に良かったです。
実は「大切な人に届けたい詩(うた)」というテーマをきいた時から、「こういうの照れくさいな。苦手だな」と思っていたのですが、なぜか、なんだか、感動している自分がいました。
歳をとったせいかな(^_^;)。
作詞者と作曲者と演奏者が一堂に会するのはほとんど初めて、というのも面白かったですね。
そういう意味でもユニークな企画だと思います。
いつもは終演後にステージの写真を撮るのですが、今回は作詞者と作曲者の方々がステージのそばで名残り惜しそうに談笑していたので遠慮しました。

Img_1517

| | コメント (0)

2017年1月 7日 (土)

はるばる

今年から「お弁当がんばる宣言」をした自分ですが、昨年末にお弁当用の箸セットをネット注文していました。
発送状況を確認すると、到着は来年になるということでしたが、まあ、師走の時期だから仕方ないと思っていました。
で、その箸セットが届きました。
中国から。

Img_1370Img_1371

どこにもそんな事、書いてなかったような気がするんですけどね(^_^;)。
まあ、いいや。
ちなみに商品のお値段は「¥463」。
この時点でメイド・イン・チャイナを覚悟すべきですが、どこにもそんな表記はありませんでした。
あらためて商品ページを見てみましたが、取扱業者の紹介ページに行くと中国籍だとわかるようになっていました。
まあ、いいんですけど。
ちなみに、送料は「¥340」、これも安いような気がするなあ(船便ってこんな?)。
ま、とにかく、充実のお弁当ライフを実践していきたいと思います。

| | コメント (0)

2017年1月 6日 (金)

当たった

昨年から参加している「東京都埋蔵文化財センター」のイベント、とんぼ玉作り教室のイベントに参加希望のハガキを出して「当選」の連絡をいただきました。
縄文食体験、土偶づくりに続いて「3度め」の参加になります。
経験者曰く、「とんぼ玉はけっこう簡単に作れると思う。でも、自分は参加するのに苦労した。3回目の応募でやっと当選できた」ということでした。
なかなか競争率が高いらしいです。
これまで応募したのは「5回」で、当選の連絡をもらったのは4回。
そのうち「縄文土器作り」は仕事の関係でキャンセルしてしまいました(もっとも、その仕事ではパソコンの中で縄文土器の文様を加工していたのですけれど(^_^;))。
とにかく、楽しみ。
がんばってきます。

Img_1372

| | コメント (0)

2017年1月 5日 (木)

仕事初め

今年もお仕事が始まりました。
いろいろと期するところがありますが、個人的には以前にも書いたように「考古検定」の入門クラスに合格したいと思います。
目標があって、それに向けて勉強する。
なんて健全なんだ〜。
自画自賛。

元旦に記したように「お弁当」もがんばります。
とりあえず、今年から新しいお弁当箱です。
スターウォーズですよ(笑)。

Img_1265Img_1266

| | コメント (0)

2017年1月 4日 (水)

さらにテレビ番組2つ

大人のピタゴラスイッチ「ピーマンとハトと数学」を観ました。
う〜ん、奥が深い。
目の付け所も新鮮です。
スーパーの袋詰めのピーマンがどれもほぼ同じ重さなんて、今まで考えたこともありませんでした。
それを実現させる仕組みにも感心。
数学、すごい(←ピタ、ゴラ風)。
「40人のクラスの中で同じ誕生日の人がいる確率は約86%(正確な数字ではありませんが、すごく高かった)」なんていう命題は、説明されても未だによく理解できていません(^_^;)。
「ビー玉ピースケの冒険」の続編も感動でした。

ドラマ「真夜中の百貨店」、放送時間が少しずれたものの通常放送でした。
中身については特にコメントすることはないのですが、物語の中の小道具に「差出人不明の宅配便」が出てきて、その謎の差出人の名前が「賀東 穴部留(←漢字のあて字はちょっと自信なし)」となっていて、主演の大塚明夫氏の代表作である「ガンダム0083」のアナベル・ガトーをもじっていたのにニヤリとしてしまいました。
ただ、それだけなんですけどね。
このドラマのスタッフさんたち、やっぱり大塚さんが好きなんだろうなあと想像して、そういう雰囲気の中で物語が作られていることをちょっと嬉しく思いました。

| | コメント (0)

2017年1月 3日 (火)

1983年日本シリーズ

元旦の夜にやっていた1983年日本シリーズ「西武対巨人」のドキュメント番組、録画していたものを観終えました。
この時はまだ九州にいて、特にライオンズファンというわけでもなかったので、「日本シリーズが盛り上がってるみたいだなあ」という程度の認識だったと思います。
なので、新鮮でした。
なんか大げさな言い方ですが、エラーさえもがドラマチック。
どっちが勝ってもおかしくないスリリングなシリーズだったんですね。
ゲストの証言などもほどよい塩梅で面白かった。
それにしても、BSとはいえ元旦のゴールデンタイムに放送する構成にちょっとびっくりでしたね。
確かにプロ野球ファンにとっては面白いシリーズだったけど、「ライオンズファン以外にどれぐらいの人が観るの?」と疑問でした(^_^;)。
こういう番組をみると、1986年(vs広島)や1987年(vs巨人)のシリーズも特集してほしいけど、清原がいるからなあ。
難しそう(^_^;)。

| | コメント (0)

2017年1月 2日 (月)

『 Gambit 』★★★

年末年始のTV番組、特に「見たい!」と思うようなものはない中、東京MXでやっていた「モネ・ゲーム」という映画を観ました。
コリン・ファースとキャメロン・ディアスの共演、詐欺が題材のコメディ映画。
全く知らない映画でしたが、とても面白くてニコニコでした(^_^)。
トリックやサスペンスについてはほとんど想定内で、ミステリー映画としてはごく普通の出来だと思うのですが、とにかくコメディとして楽しめました(^_^)。
計画立案者の生真面目なコリン・ファースと相棒の陽気なキャメロン・ディアス。
このコンビのやり取りを考えるだけで、クスクス笑えてきます。
セリフの中にあるのですが、キャメロン・ディアスについて言う「爽やかな無作法さ」という表現が秀逸ですね(笑)。
あとは、三谷幸喜チックな「その場しのぎの危機的状況対応術」であります。
ホテルのシーンはひさしぶりに爆笑しました。
ラストもハッピーエンドでよかった。
どんでん返しがもう少し意外だったら★を4つにしたんだけどな。
でも、こういう映画は好き。

あ、それからこのひどい邦題(^_^;)。
原題の「Gambit」はチェスで使われる用語のようですが、「(先まで計算した上での)始めの1手」といった意味があるらしいです。
こっちの方が映画の内容にふさわしいと思うのだけど、あまり馴染みのない単語だし、響きを考えるとアクション映画っぽい感じもするから難しいかな。
ロボットが発進しそうな気もするし(笑)。

| | コメント (0)

2017年1月 1日 (日)

今年もよろしくお願いします

あけましておめでとうございます。
この記事を投稿するのがいつになるかわかりませんが(^_^;)、書いているのは元旦です。
新しい年を迎え、いろいろな抱負がありますけれど、まあ、まずは「日記をできるだけ当日に書く」ということを徹底しなければいけません。
がんばります。
あとは、今年は「お昼のお弁当」を充実させていきたいです。
それから1眼レフカメラを入手して、写真も上手になりたいのです。
今年はちょっと節目の年にもなりそうなので、健康にも注意してがんばっていきたいと思います。
↓今年のカレンダーはなぜかムーミンなのだ。

Img_1362

| | コメント (2)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »