« フォント | トップページ | レゴも同じ »

2017年1月12日 (木)

キン・ザ・ザ

録画していた「題名のない音楽会」を観ました。
映画やドラマの「テーマ曲」をテーマにした30分。
その中で大ヒットしたらしい「君の名は」のテーマ曲をオーケストラがメドレーで演奏していました。
自分は映画を観ていないので特別に感情移入することはありませんでしたが、単純に音楽として楽しめました。
で、この「君の名は」という映画がどんな内容なのかをネタバレにならないように紹介するわけですが、「心と体が入れ替わった二人が・・・中略・・・映画のラストではそんな二人に奇跡が訪れる」という感じの説明テロップが流れるわけです。
ここで、ふと、思いついたことがありました。
「もしかして、オチはキン・ザ・ザのパターン?」
キン・ザ・ザとは1980年代にロシアで作られた「不思議惑星キン・ザ・ザ」というSF映画のことです。
この映画のラストが予想もしない痛快なオチで、30年以上経った今もすごく印象に残っているのですが、そのパターンではないかと感じたのです。
試しに「君の名は キン・ザ・ザ」でネット検索してみると、同じように感じたらしいコメントが出て来るので自分の予想はたぶん間違いなさそう。
なるほどです。
あれを男女のラブストーリーできれいにやられるとグッとくるでしょう。
「キン・ザ・ザ」の方は爆笑なんですけどね(^_^;)。
見直したくなったなあ、キン・ザ・ザ。
いずれ映画の感想をアップすると思います。

|

« フォント | トップページ | レゴも同じ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フォント | トップページ | レゴも同じ »