« SW缶 | トップページ | タッパウェア »

2017年1月31日 (火)

『 The Book of Eli 』★★★

デンゼル・ワシントン主演の「ザ・ウォーカー」を観ました。
戦争によって文明や文化が失われた世紀末的な世界を旅する男のお話(よくあるよね(^_^;))。
「ある本を西へ運ぶ」というのが彼の目的、そしてある本をずっと探していたのがゲイリー・オールドマン扮するある街の支配者。
で、すったもんだしますね。
主人公の行動、レイ・ブラッドベリの「華氏451度」を思い出しました。
これだけでかなりネタバレの気もしますが、それよりもゲイリー・オールドマンの奥さんに関する最後のオチが意外性があって面白かったのです。
旦那にずっと支配され続けてきた彼女は目が見えないのですが、最後の最後で「ある駆け引き」によって立場が逆転。
「うん、うまい」と思わず唸ってしまいました。

|

« SW缶 | トップページ | タッパウェア »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SW缶 | トップページ | タッパウェア »