« 四十雀(シジュウカラ) | トップページ | 『 予告犯 』★★★ »

2017年3月 7日 (火)

『 The Hobbit: An Unexpected Journey 』★★★

指輪物語に続いて映像化されたホビット三部作「思いがけない冒険(An Unexpected Journey)」「竜に奪われた王国(The Desolation of Smaug)」「戦いのゆくえ(The Battle of the Five Armies)」を観ました。
森は大騒ぎ、という映画でしたね。
それなりに楽しく観ました。
自分は指輪物語の時からあの「ゴラム」というキャラクターが苦手で、本当に不快になってしまうので(^_^;)、今回は登場シーンが少なくて助かりました。
主役を演じていたのはBBCドラマ「SHERLOCK」でワトスンを演じていた人(マーティン・フリーマン)だったんだ。
どこかで見たことあると思っていたのですが、ずーっとわかりませんでした(^_^;)。

ところで、wikiによると彼は三谷幸喜の「笑の大学」がイギリスで上演された時に劇作家の役で出ていたみたいですね。
なんかわかるような気がします。
検閲係の無茶な要求に必死になって対応しようとしている姿が想像できるんですよね。
親近感がわきます。
いっそのこと、ベネディクト・カンバーバッチを検閲係にして映画にしてくれないかな(けっこう本気です(^_^;))。

|

« 四十雀(シジュウカラ) | トップページ | 『 予告犯 』★★★ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 四十雀(シジュウカラ) | トップページ | 『 予告犯 』★★★ »