« 和菓子のアン | トップページ | 『 The Grand Budapest Hotel 』★★★ »

2017年4月12日 (水)

『 図書館戦争 THE LAST MISSION 』★★

「図書館戦争 THE LAST MISSION」という映画を観ました。
なんとなく「そういう物語」があるというのは知っていたのですが、全くの初見。
自分の中では「華氏451度」がベースにあるので、こういう題材の物語がどんなものかと思ったいたわけですが、やはり期待はずれでした。
まあ、それは仕方ない。
あの名作と比べてはいけないと思います。
しかし、やはり現代を舞台にしたうえで、自分はあまりリアリティを感じませんでした。
「本」という実物にあそこまでこだわる意味があるのでしょうかね。
この世界にはインターネットとかないのかな(そういう設定があるのかな?)。
「本」だけ取り締まってどうするの?という感じです。
というか、こういうディストピアの場合、まず作者を拘束するんじゃないの?
で、「ああ、なんてひどい世界なんだ」と思わせるんじゃないの?
そういう描写もなく、本だけ取り締まり、それを命がけで守ろうとする主人公たちには感情移入できませんでした。
重要なのはハード(本)ではなく、ソフト(思想)だと思うわけで、なんか、ピンとこない。
「華氏451度」や「1984」のような、あるいは先日観た「ウォーカー」のような深みは感じられませんでした。
自分は映画の第一作やTVドラマを知らないので誤解もあるかもしれません(でも、「初めての人でも楽しめます」って、最近では常套句ですよね)。
原作の小説を読めば面白いのかも。
あるいは、アニメで「リアルなファンタジー」のように作ってくれればよいのかも。

|

« 和菓子のアン | トップページ | 『 The Grand Budapest Hotel 』★★★ »

映画」カテゴリの記事

コメント

ども、こんばんは。

図書館戦争
私は原作しか読んでませんが・・・少なくとも原作は、単純に表現すると
恋愛小説です(^_^;)
確かに感情移入はできませんでした。
パラレルワールドなので、そう割り切って読み進めれば、そこそこ楽しく
読めました(^_^;)
有川浩女史の作品はキライじゃないのですが・・・
正直、ちょっと鼻に付く感は否めません(^_^;)

投稿: 春峯堂 | 2017年5月 9日 (火) 22:37

> 単純に表現すると恋愛小説です(^_^;)

へ〜、そうなんですか(^_^;)。
原作者が女性だというのも初めて知りました。
アニメ化もされているんですね(^_^;)。
こっちの方が自分は楽しめるかもしれないなあ。

投稿: HIRO | 2017年5月10日 (水) 22:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 和菓子のアン | トップページ | 『 The Grand Budapest Hotel 』★★★ »