« 水やり、収穫、おすそわけ | トップページ | 雑記 »

2017年5月 3日 (水)

『 Interstellar 』★★★★★

クリストファー・ノーラン監督のSF映画「 インターステラー」を観ました。
ひさしぶりの5つ星です。
映画を観て思わずうるっときてしまいました。
いつ以来でしょうか。

異常気象によって衰えていく地球。
人類滅亡の危機を迎えて、居住可能な「第2の地球」を探し求める開拓者たちの過酷な物語でした(原題は「星間航行者」という感じです)。
怪しい宇宙人やロボットなどは出てきません(「大いなる存在」らしきものは出てきますが)。
出てくるのは、異世界の「過酷な環境」です。
とにかく、美しい映像と音楽、ストイックなビジュアルと演出、ミステリーのようなどんでん返し。
俳優陣もよかった(マーフ、かわいい)。

今回は、あらためて「演出の力」というものを感じました。
例えば、ロケット発射のシーン。
映画的には「見せ場」の1つだと思います。
これまでもいろんな映画でいろんな発射シーンを見てきたけれど、「ああ、こういう見せ方もあるのか〜」と唸ってしまいました。
もう、この時点で1回目の「うるっと」になっています(苦笑)。

SFのジャンルとしてはたぶん「ハードSF」というカテゴリーだと思います。
宇宙人や怪獣は登場することなく、ブラックホール理論などが語られます。
でも、そんなハードなSFなのに、これって主人公の「家族の物語」なんですよね。
ここが凄い。
「大いなる存在」や「ブラックホール」などのSF的アイテムを見せておきながら、でも、やっぱり、「家族」なのであります。
ここで2回めの「うるっと」が来ました。

きっと、これから何度でも観ます。
たぶん、また同じようなことを書くと思います(^_^;)。

|

« 水やり、収穫、おすそわけ | トップページ | 雑記 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水やり、収穫、おすそわけ | トップページ | 雑記 »