« プッシュピン | トップページ | 雑記 »

2017年5月13日 (土)

編布

埋蔵文化財センターで「編布づくり」に参加してきました。
「あんぎん」と読みます。
縄文の時代から作られていた手法で、現在でも「米俵」などはこの編み方なんだそうです。
今回はコースターサイズの布を作りました。

Img_1562Img_1566


机の上に準備されていた道具と材料。
右下の糸を編布台にセットし、左下の「コモヅチ」と呼ばれる道具を使って交互に編んでいきます。
今回の素材は麻紐とタコ糸です。

Img_1565


最初の横糸と、縦糸のついたコモヅチをセットしたところ。
コモヅチは台の「手前」と「奥」交互に並んでいるので、これをそれぞれ反対側に移動させることで横糸をはさみこんでいきます。

Img_1567


途中で赤い紐をまぜていきます。

Img_1569


コースターサイズまで仕上がったところ。
編み方はちょっと複雑で、とても文章だけでは表現できません(^_^;)。
最初は戸惑いましたが、慣れてしまえばあとはサクサク進みました。
30分ぐらいで編んだかな。

Img_1570


台からはずすとこんな感じ。

Img_1571


以前作った土偶と一緒に飾ってみました。

Img_1576


説明資料とダンボール紙を使った編布台の設計図。
これをレゴで作ってみても面白そうです(^_^)。

Img_0838Img_0839

|

« プッシュピン | トップページ | 雑記 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プッシュピン | トップページ | 雑記 »