« 波の盆 | トップページ | 二人三脚で »

2017年7月24日 (月)

『 Batman v Superman: Dawn of Justice 』★★★

「スーパーマンvsバットマン ジャスティスの誕生」を観ました。
B級テイストなタイトルですが、先日観た「マン・オブ・スティール」の続編という扱いだし、クリストファー・ノーランとハンス・ジマーも関わっているのでいちおう。
平和を守るスーパーマンの行為が時に行き過ぎの場合もって、「我々人類にスーパーマンは本当に必要なのか?」と問いかける風潮が出てくるなか、バットマンが単身戦いを挑み、その陰でレックス・ルーサーが出てきていろいろ悪さする話。
面白かったですけどね、でも1作目のような爽快感はありませんでした(期待もしていなかったけど(^_^;))。
とにかく人間の身でスーパーマンに挑むわけですから、今回のバットマンはすごい装甲を身にまとった「フルアーマー・バットマン」です。
なので、いつものように華麗に動き回るわけにはいきません。
これ、けっこうマイナスポイントだと思いました。
あと、ワンダーウーマンが出てきますけど、う〜ん、唐突だよなあ。
アメコミのことはよく知りませんが、「ジャスティス」というのはヒーローたちが集まって大きな悪に挑むグループみたいですね。
マーベルのアヴェンジャーズのDC版がジャスティスでいいのだろうか。
まあ、どうでもいいんですけど(^_^;)。

しかし、でも、やっぱり、レゴの「スーパーマンvsバットマン」のミニフィグは欲しいかも〜。
五十過ぎても惑ってばかりですよ orz。

|

« 波の盆 | トップページ | 二人三脚で »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 波の盆 | トップページ | 二人三脚で »