« the words | トップページ | 合格 »

2018年1月17日 (水)

『 The Imitation Game 』★★★

ベネディクト・カンバーバッチ主演の「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」を観ました。
第二次大戦中にドイツ軍のエニグマ暗号機の解読に務めた数学者のお話。
面白かった。
暗号を解読するための巨大な「マシン」を作り上げていくわけですが、途中で「これってもしかしてあれ?」と思いながら観ていたら、やっぱりそうなんですね〜。
こういう歴史的背景、知りませんでした。
数学者のアラン・チューリングは同性愛者だったらしく、当時の風潮から考えれば様々な偏見や差別があったもよう(今でもか)。
その功績は最近になって正当に評価されるようになってきたようなことも記されていました。
それにしてもカンバーバッチという人は変人の役がよく似合います(^_^;)。

|

« the words | トップページ | 合格 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« the words | トップページ | 合格 »