« 怖い組み合わせ | トップページ | 梅 »

2018年6月 2日 (土)

勾玉づくり

埋文センターの企画「勾玉づくり」に行ってきました。
勾玉は以前にも作ったことがありますが、その時は「滑石」を使ったもの。
今回は「再生琥珀」を使ったものです。
天然ではなく再生ということだったので、チープな模造品的なものをイメージしていたのですが、そんなことはなくて、立派な美しい仕上がりになりました。
再生琥珀というのは、天然の琥珀を加工した時に発生する砕片を集め、もう一度圧縮して固めたものらしいです。

準備されていたのは某琥珀博物館で製作販売されている勾玉づくりキット(ネットでも買える)。
中央のカクカクした塊を棒ヤスリで削り出していきます。

Img_2685


ざっくりと形を削り出したところ。
ここから紙やすりで滑らかにしながら削っていきます。

Img_2686


ほぼ形が整ったところ。
ここからさらに細かい紙やすりで削り、最終的に研磨剤をつけた布で磨き上げます。

Img_2687


光に透かすとこんな感じ。
表面はツヤツヤに光っているのです。

Img_2700


思っていたよりも簡単にできました。
しかも思っていた以上に素晴らしい仕上がり。
周りのおばちゃんたちも「うわ〜、私にもできたわ〜」という感じで喜んでいました。
満足の1日でした。

|

« 怖い組み合わせ | トップページ | 梅 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 怖い組み合わせ | トップページ | 梅 »